サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

04) Windows Live メール

Windows Live メールの新規アカウント設定

STEP1 設定情報の確認

設定に必要な情報は下記ページをご確認ください。
また、 サブミッションポート(587)の有効化が完了している事を前提としてご案内させて いただきます。

STEP2 アカウントの追加

WindowsLiveメールを起動したら、上部のタブから「アカウント」タブをクリックし、表示された「電子メール」のアイコンをクリックします。


すると、下図のようなメールアカウント情報の入力画面が表示されます。
赤枠の部分を入力して頂き、下部の「手動でサーバー設定を構成する」にチェックを入れて、
右下の「次へ」ボタンをクリックして下さい。


次に受信サーバー設定の入力画面が表示されます。
下図の赤枠の箇所を入力し、「ログオンユーザ名」は、「メールアドレス」を入力して下さい。
入力後、「次へ」をクリックして下さい。


すると、下図のように設定完了画面が表示されます。
「完了」ボタンをクリックします。


設定完了したメールアカウントをクリックして、選択の状態にしてから、「プロパティ」のアイコンをクリックして下さい。


表示されたプロパティ画面の上部の「サーバ」タブをクリックし、下図のように
「送信メールサーバ」の「このサーバは認証が必要」にチェックを入れて、「適用」ボタンを クリックします。


次に上部の「セキュリティ」タブをクリックし、下図のように、「送信メール」に「587」を
「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れて、「OK」ボタンを 押して下さい。



この設定完了後、送信を行うと、下図のような警告が表示されます。
「はい」をクリックして下さい。



以上で設定は完了です。


ページの先頭へ戻る