サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) DNS・ゾーン情報の編集について

弊社では、サーバー1契約につきDNSサーバー(ネームサーバー)を無償提供しており、お客さまでDNSサーバーをご用意いただくことなく独自ドメイン名でのサーバー運用が可能です。


弊社のDNSサーバーについて

・サーバーのご契約と同時に、メインドメイン(メインホスト)のWebやメールを運用するための基本的なゾーンを自動設定しております。このゾーンが設定されているプライマリDNSとセカンダリDNSを無料でご利用いただけます。
・ドメイン管理代行が他社で、弊社のDNSサーバーを利用されたい場合には、ドメイン管理業者へ弊社のDNSサーバーを利用する旨を申請してください。

弊社のDNSサーバーの情報
DNS ホスト名 IPアドレス
プライマリDNS ns1.rsjpserver.net 180.222.177.70
セカンダリDNS ns2.rsjpserver.net 180.222.177.73


デフォルトのゾーン情報の確認

弊社DNSサーバーをご利用されている場合、Plesk上で、DNSゾーン情報の確認と変更が可能です。

Pleskからゾーン編集が可能なのは、弊社DNSサーバーをご利用頂いている場合のみになります。
他社DNSサーバーで、ゾーン管理を行われている場合は、ご利用いただけません。

Pleskにログインし、「ウェブサイトとドメイン」タブにある、ウィルスチェックサービスを設定するドメイン名の「表示項目を増やす」をクリックして下さい。


表示メニューの中の「DNS設定」をクリックします。

※「example.com」をご自身のドメイン名に置き換えてご確認下さい。
IPアドレスPTRexample.com.
ftp.example.comCNAMEexample.com.
example.comNSns1.rsjpserver.net.
example.comNSns2.rsjpserver.net.
example.comAIPアドレス
example.comMX(10)mail.example.com.
example.comTXT(10)v=spf1 +a +mx -all +a:テンポラリドメイン名.
ipv4.example.comA(10)IPアドレス
mail.example.comA(10)IPアドレス
ns.example.comA(10)IPアドレス
webmail.example.comA(10)IPアドレス
www.example.comA(10)IPアドレス

ゾーン情報の編集

既存のゾーン情報を編集する場合、レコード一覧から編集したいレコードをクリックします。
ここではAレコードを選択します。


レコードをクリックすると、レコードの編集画面が表示されます。
Aレコードの場合、IPアドレスを編集するとドメインに紐づいているIPアドレスを変更することが可能です。
各項目を編集した後にOKボタンを押すと変更が完了されます。

ゾーン情報やレコードの見方についてはサポートを行っておりません。専門書籍等にてお調べいただけますようお願いいたします。



ページの先頭へ戻る