サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) SSH接続について

SSH接続とは

SSHとは、TCP/IPネットワークを利用して、ネットワーク上に存在するサーバにアクセスし、UNIXコマンドを用いてPCから直接サーバ操作を行うことができるプロトコルです。

ラピッドサイトVPSシリーズで、SSH接続を行うには、システムユーザーにSSH権限を与える必要があります。
システムユーザーへのSSH権限付与については、以下のマニュアルをご参照ください。

SSH接続用ソフト

SSH接続を行うには、専用のクライアントソフトが必要です。以下に代表的なソフトを紹介いたします。


ご自身の環境に合わせてダウンロードし、配布サイトの指示に従って解凍・インストールしてご利用ください。

Poderosaでの設定例

Poderosaを例に、SSH接続の基本設定をご案内いたします。

Poderosaを解凍後、フォルダ内の「Poderosa.exe」をダブルクリックすれば、Poderosaが起動します。
「ファイル」メニューの「新規Telnet/SSH接続」を選択します。


接続のための入力画面が表示されますので、情報を入力します。
赤枠の部分に情報を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

ホスト名 : ご利用ドメイン名 またはサーバーのIPアドレス
プロトコル : SSH2 ※弊社ではSSH2での接続を推奨しております。
アカウント : システムユーザID
パスフレーズ : システムユーザパスワード
上記以外は、特に変更・入力の必要はありません。
「ポート」は選択したプロトコルにより自動的に変更されます。

「OK」をクリックするとSSH接続が行われて、下図のような画面が表示されます。
「はい」ボタンをクリックして、接続を続行して下さい。


すると、下図のようなコマンド入力待ちの状態になります。


以上で、SSH2接続によるコマンド操作が可能となります。

UNIXコマンドの利用方法や詳細については、サポートの対象外となります。専門書籍等にてお調べいただけますようお願いいたします。また、プランによっては、利用できないUNIXコマンドもあります。


ページの先頭へ戻る