サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

04) コマンド操作で自動インストール

ソースからのインストールガイドはこちら
※Movable Type7のインストールガイドはこちら

MovableTypeは、開発元のSixApart社より、自動インストール可能なコマンドの提供がございます。
以下、コマンド操作でのMovableTypeインストールについて、ご案内させていただきます。
本マニュアルでご案内する方法は、SSH接続でのコマンド操作により、 Repositoryファイルを設置し、
MovableTypeを自動インストールするものです。
本マニュアルページは、コマンドでのサーバー操作経験のある方向けの内容となっております。

※ 以下の操作は、全てSSH接続の上、root権限になっている事を前提にご案内させていただきます。
※ コマンド操作方法については、サポート対象外となっております。
このページでご案内しているコマンド操作での自動インストールの設定については、設定代行オプション対象外となります。

MovableType Installerの設定

Repositoryを設定

以下のファイルを作成して下さい。
/etc/yum.repos.d/movabletype.repo
ファイル内容
[movabletype]
name=movabletype
baseurl=http://repo-gmo.movabletype.jp/centos/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0
priority=1

必要なパッケージのインストール

以下の yum コマンドでMovableType Installerをインストールします。
※同時にMovableTypeに必要な最新のパッケージがインストールされます。
root権限で実施
# yum -y install movabletype

以上で、MovableType Installerの設定は完了です。
この作業は、1度だけ行っていただければ、次回移行は不要です。

MovableType Installerからのインストール

MovableType InstallerからのMovableTypeインストールを行うと、ドキュメントディレクトリのインデックスページである 「index.html」ファイルが上書きされ、MovableTypeへのログインページ書き換わります。
必ず既存の「index.html」ファイルのバックアップをお取り下さい。
このログインページのインストール先の変更はできません。
MovableType Installerを使って、ご利用サーバーにMovableTypeを インストールする場合、以下のコマンドを実行します。
# mtctl 
上記コマンドの実行結果
# mtctl <Enter> 
---------------------------------
 MovableType Application Manager
  [version: movabletype-6.2.2-0]
---------------------------------
1) Install MovableType
2) Delete MovableType
3) Installed list
Select number > 1 <Enter>
↑インストールなので、1を選択
「1) Install MovableType」を選択した後、以下の様な内容が表示されます。
サーバーに設定されているドメイン名の一覧が表示されます。
#
# Where do you want to install to ?
#
1) example.com
   path=/var/www/vhosts/example.com/httpdocs

2) test.com
   path=/var/www/vhosts/test.com/httpdocs

Select number(q:exit) ?>
MovableTypeをインストールしたいドメイン名の番号を入力して、エンターキーを押して下さい。
インストール先のドメイン名を指定した後、以下のようにインストールが進んで行きます。
Select number(q:exit) ?> 1 <Enter>※以下入力例です
DataBase Name ?> mtdb ←MovableTypeのデータベースの名前を入力して下さい
DataBase User ?> examplemt←該当データベースのユーザーIDを入力して下さい。
DataBase Password ?> 9VFc7m23←該当データベースユーザーのパスワードを入力して下さい。
=== The installation was successful. ===
上記で入力頂くデータベースの名前・ユーザ・パスワードは、既存のものではなく、新規作成する事になります。
新規作成するものとして、情報を設定して下さい。
=== The installation was successful. === が表示されれば、インストールは完了です。

完了したMovableTypeは、以下のURLからログイン可能です。
http://ドメイン名/cgi-bin/mt.cgi
もしくは、以下のドメインTOPページ
http://ドメイン名/
※既存のindex.htmlファイルが上書きされています
※上書き前に戻す事はできませんので、必要な場合、必ず事前にバックアップをお取り下さい。

インストールしたMovableTypeの削除

削除するデータはMovableTypeアプリケーションとデータベースのみです。
※MovableTypeで生成されたコンテンツ・データベース接続ユーザは削除されません。
# mtctl <Enter>                    	← MovableType管理コマンドを入力
---------------------------------
 MovableType Application Manager
  [version: movabletype-6.1.1-0]
---------------------------------
1) Install MovableType
2) Delete MovableType
3) Installed list
Select number > 2                  	← 2 を選択
---
#
# Which MovableType to delete ?
#
1) domain = example.com
     path = /var/www/vhosts/example.com/httpdocs
     date = 2015/06/05-13:59:03
2) domain = test.com
     path = /var/www/vhosts/test.com/httpdocs
     date = 2015/06/05-13:52:56
Select number(q:exit) ?> 2                	← 削除するMovableTypeを選択
Delete file, database
  domain   :  test.com
  path     :  /var/www/vhosts/test.com/httpdocs/cgi-bin
  cron     :  /etc/cron.d/movabletype_test.com_1
  database :  movabletype
Do you want to run this process?[y/n] y        	← 削除確認

Dropping the database is potentially a very bad thing to do.
Any data stored in the database will be destroyed.

Do you really want to drop the 'movabletype' database [y/N] y  ← データベース削除確認
Database "movabletype" dropped

=== The uninstallation was successful. ===


インストールしたMovableTypeの確認

# mtctl <Enter>                    	← MovableType管理コマンドを入力
---------------------------------
 MovableType Application Manager
  [version: movabletype-6.1.1-0]
---------------------------------
1) Install MovableType
2) Delete MovableType
3) Installed list
Select number > 3                  	← 3 を選択
---
domain = example.com
  path = /var/www/vhosts/example.com/httpdocs
  date = 2015/06/05-13:52:56

domain = test.com
  path = /var/www/vhosts/test.com/httpdocs
  date = 2015/06/05-13:59:03

MovableType Installerの構成

◯MovableTypeアプリケーション
 このディレクトリのアプリケーションを各ドキュメントルートへコピーされます。
 /var/www/vhosts/default/movabletype/cgi-bin

◯MovableTypeインストール情報
 SQLITEを利用します。
 /var/www/vhosts/default/movabletype/movabletype.db

◯MovableType管理コマンド
 /usr/local/bin/mtctl

◯MovableType更新 cronファイル
 /etc/cron.d/movabletype

◯MovableType Repository設定ファイル
 /etc/yum.repos.d/movabletype.repo

◯Plesk管理外 Perlモジュール(Perl-Mozilla-CA)
 /usr/local/share/perl5/auto/Mozilla/
 /usr/local/share/perl5/Mozilla

MovableType インストールの際にインストールするPlesk管理パッケージ

expect
perl-YAML
perl-YAML-Syck
perl-Archive-Zip
perl-XML-SAX
perl-Authen-SASL
perl-Crypt-SSLeay
perl-Net-SMTP-SSL
ImageMagick-perl



ページの先頭へ戻る