サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) MovableTypeインストール前の確認

PerlとCGIの対応確認

MovableTypeは、PerlとCGIで作られています。
ラピッドサイトVPSシリーズでは、PerlとCGIがご利用可能な状態になっていますが、
ホスティングドメインに、利用の許可が必要な場合があります。

PerlとCGI利用許可については、以下の手順でご確認いただけますようお願い致します。

「ウェブサイトとドメイン」のタブから、EC-CUBEインストールを行いたいドメインの
「表示項目を増やす」の部分をクリックします。


「ホスティング設定」をクリックします。


「ホスティング設定」画面の下の方にある「ウェブスクリプティングと統計」で、
下図のように「CGI サポート」「Perl サポート 」にチェックが入っているかご確認下さい。

チェックが入っていなかった場合は、上図のようにチェックを入れていただき、
下部の「OK」ボタンをクリックして、設定を有効にして下さい。

Perlモジュールの追加

MovableTypeは、いくつかのPerlモジュールを利用いたします。
ラピッドサイトVPSシリーズサーバーでは、MovableTypeを利用する上で、未設定のPerlモジュールがあります。

その為、いくつかのPerlモジュールをインストールする必要があります。

Perlモジュールのインストール作業について、以下にご案内致します。

STEP 1: SSH接続を行い、root権限に

SSH接続については、以下のマニュアルをご参照下さい。

上記のページを参考に、SSH接続を行い、root権限に変更して下さい。

STEP 2:必要なモジュールのインストール

次に、MovableTypeの運用に必要な、モジュールをインストールします。
以下のコマンドを実行して下さい。
# yum install perl-GD <Enter>

# yum install ImageMagick-perl <Enter>

上記2つのコマンド実行途中に、「Is this ok [y/N]: 」と入力を求められる箇所があります。
「y」を入力してエンターキーを押し、インストールを続行させて下さい。

上記以外のPerlモジュールについては、必要に応じて、yumインストールを行って下さい。
以下に、Perlモジュールのyumインストールコマンドの一部をご案内いたします。
# yum install perl-IPC-Run
# yum install perl-Archive-Zip
# yum install perl-Authen-SASL
# yum install perl-Cache-Memcached
# yum install perl-Crypt-SSLeay
他にも、ご利用になるプラグイン等により、必要なモジュールがある場合がございます。
それらについては、お客さまご自身でご確認いただけますようお願い致します。


ページの先頭へ戻る