サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) クイック認証/企業認証SSLについて

クイック認証/企業認証SSLのお手続きについて、ご案内させていただきます。
クイック認証/企業認証SSLの証明書は、IPアドレスに対して設定されます。
その為、マルチドメインでも利用したい場合は、IPアドレス追加のお申し込みが必須となります。
当ページでご案内しているクイック認証/企業認証SSLのCSR発行と、SSL証明書のインストールの作業方法について、
ご案内が必要な場合は、お気軽に弊社サポート宛にご連絡下さい。
本マニュアルページでご案内している内容は、「03) 1つのIPアドレスに1つのSSL証明書を設置」と同じ設定方法です。
弊社オプションであるクイック認証SSL/企業認証SSLをご利用される方向けに、お手続き方法を追記してご案内しているものです。

CSRの発行

SSL証明書を取得するための、CSRの発行方法について、ご案内致します。

Pleskの「ウェブサイトとドメイン」のタブで、下図に示す「表示項目を増やす」の部分をクリックします。


すると、下図のように、項目が表示されます。


このメニュー項目の中の「サイトをセキュリティ保護する」をクリックします。
以下ご案内内容は、Plesk12.0での画面になります。
12.5以上のバージョンの場合、選択するのは「サイトをセキュリティ保護する」ではなく、「 SSL証明書 」になります。


まず、CSRを発行するために「SSL証明書を追加」をクリックします。


すると、下図の画面が表示されます。


CSRの発行は、以下の部分で行います。


以下を参考に、項目を入力して下さい。
証明書名 ドメイン名
Japan
状態 都道府県
所在地(市区町村) 市区町村の住所
組織名(会社) 英語表記の会社名
部/課名 英語表記の担当部署名
ドメイン名 wwwを付けて「www.ドメイン名」を登録するのが一般的です。
メール 管理担当者のメールアドレス

入力後、赤枠で示す「リクエスト」ボタンを押して下さい。

すると、下図の画面になります。


生成されたCSR情報を確認するには、「ドメイン名」の部分をクリックします。


赤枠で示す部分がCSR情報です。 コピー&ペーストして、SSL証明書を取得する電子認証業者に提出して下さい。

SSL証明書のインストール

アカウントマネージャーから、クイック/企業認証SSLをお申し込みいただきます。
お申し込み方法につきましては、以下のご案内ページをご参照下さい。

CSRを電子認証業者に提出して、契約が完了すると、SSL証明書情報が発行されます。
SSL証明書は、以下の様な状態になっています。
サンプル
-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIICtTCCAh6gAwIBAgICD+EwDQYJKoZIhvcNAQEEBQAwSzELMAkGA1UEBhMCVVMx
FTATBgNVBAoTDEdlb1RydXN0IEluYzElMCMGA1UEAxMcR2VvVHJ1c3QgUHJlLVBy
b2R1Y3Rpb24gQ0EgMTAeFw0wNzA1MjUwNjI1MTZaFw0wODA1MjUwNjI1MTZaMH0x
CzAJBgNVBAYTAkpQMQ4wDAYDVQQIEwVUT0tZTzEQMA4GA1UEBxMHU0hJQlVZQTEm
MCQGA1UEChQdR01PIEhPU1RJTkcgJiBTRUNVUklUWSwgSW5jLiwxDDAKBgNVBAsT
A1JTSjEWMBQGA1UEAxMNbG54My56aWxjaC5iZTCBnzANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOB
jQAwgYkCgYEAwfZu0T9YC/Mo220OEHWZiI5qCrUi/MZZp+Lnvh2Jy64SNxao60aq
Q5Gb3GEsv92o8Vg2M8aDojSlZTXjVO8GLP6el8ccoAU8HtLw7Vf/3yxWSjqZJjvu
jgqXOusHf8YMuDHrRYvRurHsdN88ka2EWc3gb5oWBd7h3yx6XI3WBA0CAwEAAaN2
MHQwDgYDVR0PAQH/BAQDAgTwMEEGA1UdHwQ6MDgwNqA0oDKGMGh0dHA6Ly90ZXN0
LWNybC5nZW90cnVzdC5jb20vY3Jscy9wcmVwcm9kY2ExLmNybDAfBgNVHSMEGDAW
gBRK7Vxmaw3ywlMcCwRz3atVlp2/hzANBgkqhkiG9w0BAQQFAAOBgQAUyZsWZ2MF
BVcV6rZBwud7SHw+diYLueemDNksMkFhkKXU+jIBbOx6UkPurbN0G2jmoTxoS++F
LrVNoc5xc7OjfBkCq9NDtZO2ZlsJNMp1ysLE5y/SeiR0YU1NA8TsXHG+IAmK7/bm
Eny24xLQBxmzgwva4fXAmr/A50Vr/SlkTQ==
-----END CERTIFICATE-----

発行されたSSL証明書情報はPleskから、インストールを行うことが可能です。
Pleskの「ウェブサイトとドメイン」のタブで、下図に示す「表示項目を増やす」の部分をクリックします。


すると、下図のように、項目が表示されます。
このメニュー項目の中の「サイトをセキュリティ保護する」をクリックします。
以下ご案内内容は、Plesk12.0での画面になります。
12.5以上のバージョンの場合、選択するのは「サイトをセキュリティ保護する」ではなく、「 SSL証明書 」になります。


すると、下図の画面が表示されます。
SSL証明書をインストールするために、「ドメイン名」の部分をクリックします。


上部の赤枠で示す部分にドメイン名を入力し、発行されたSSL証明書情報、また中間証明書も発行されていたら、その情報をそれぞれのボックスに コピー&ペーストで、入力し、「テキストを送信」をクリックします。


ラピッドサイトのオプションである、クイック認証SSL、企業認証SSLは中間証明書の設置が必須です。
中間証明書情報を「CA証明書」の入力ボックスに、コピー&ペーストして下さい。
SSL証明書の仕様によっては、中間証明書を必要としないタイプもございますので、ご確認の上、ご対応下さい。

SSL証明書の読み込みが完了し、以下の様に「情報:SSL証明書が追加されました」と表記されます。
[注意:警告:CA証明書は認証を受けていません]と表示される場合がありますが、
PLESKから中間認証局証明書をインストールする際の警告であり、中間証明書自体には、問題はありません。
ご安心いただけますようお願い致します。

この段階では、まだSSL証明書の設置は完了しておりません。

下図のように、「使用」に「0」と表示されており、証明書が利用されていない事を示しております。


次に、SSL証明書の使用を開始する為、「ホスティング設定」をクリックします。


下図のように「SSLサポート」にチェックを入れ、「証明書」のリストボックスから、SSL証明書を使用するドメイン名を選択します。
設定したら、同画面下部にある「OK」ボタンをクリックします。


以上で証明書の設定が完了いたします。
念のため、証明書が有効状態になっているか、以下の確認を行って下さい。

「サイトをセキュリティ保護する」をクリック。
以下ご案内内容は、Plesk12.0での画面になります。
12.5以上のバージョンの場合、選択するのは「サイトをセキュリティ保護する」ではなく、「 SSL証明書 」になります。


下図のように、SSLをインストールしたドメイン名の右の数字が「1」になっていれば、有効状態です。


以上で、SSL証明書のインストールは完了です。


「ツールと設定」で「SSL証明書」を設置いただいた場合

「ツールと設定」で「SSL証明書」を設置いただいた場合、IPアドレス追加オプション適用の際にご利用中の証明書がデフォルト設定に戻る事象が発生する可能性がございます。 ご利用中の証明書がデフォルト設定に戻った場合は以下の対応をお願い致します。

方法1:証明書を再度適用する

SSL証明書の使用を設定するため、Pleskの「サーバー」タブの「ツールとリソース」にある、 下図に示す「IPアドレス」の部分をクリックします。
以下ご案内内容は、Plesk12.0での画面になります。
12.5以上のバージョンの場合、選択するメニューは「サーバー」タブではなく、「 ツールと設定 」になります。

 

すると、下図のように、現在サーバーに設定されているIPアドレスが表示されます。 マルチドメインでIPアドレスを追加していた場合は、ここに追加IPアドレスも表示されます。 SSL証明書を使用しているIPアドレスをクリックしてください。

 


ここで、SSL証明書が「default certificate」となっていたら、 下図のように、リストから使用したSSL証明書のドメイン名を選択し、「OK」ボタンをクリックしてください。

 

念のため、証明書が有効状態になっているか、以下の確認を行ってください。 「サーバー」タブ画面の「セキュリティ」の中にある「SSL証明書」をクリック。
以下ご案内内容は、Plesk12.0での画面になります。
12.5以上のバージョンの場合、選択するメニューは「サーバー」タブではなく、「 ツールと設定 」になります。

 

下図のように、SSLをインストールしたドメイン名の右の数字が「1」になっていれば、有効状態です。




方法2:証明書を[ウェブサイトとドメイン]へ適用する

[ツールと設定]で設置したSSL証明書を[ウェブサイトとドメイン]への設定変更を行う場合は、以下のマニュアルをご参照ください。


ページの先頭へ戻る