サービスご利用中のお客さま

ビジネス向けVPSならラピッドサイト

ご契約前の電話相談

07) MySQLデータベース

データベースは無料にてご利用可能ですがお申し込みが必要となります。
アカウントマネージャーにログインのうえオプションをお申込みください。

MySQL5.7のお申し込み方法

各プラン無料で利用できるデータベースの個数は5インスタンス(合計データベース数:50個)です。

アカウントマネージャーからのMySQLデータベースのお申し込みが完了しましたら、下記の順番でご登録を行ってください。

  • 1.インスタンスの作成(1インスタンスお申し込み完了後の初回のみ)
  • 2.データベースの作成
    ※ 1つのインスタンスにつき、データベースを10個ご利用いただけます。

インスタンスとは、データベースを格納するフォルダのようなものです。
インスタンスの作成は、契約者アカウントおよびメインドメインのドメイン管理者権限でのみ作成できます。

インスタンスの作成

STEP1

契約者アカウントまたはドメイン管理者権限でControlPanelにログインし、[ユーティリティ]から[MySQLデータベース]に進みます。

STEP2

[新規インスタンスを作成]ボタンをクリックします。

STEP3

インスタンス作成に必要な情報を選択および入力し、[作成]ボタンをクリックします。

① 管理ユーザー 標準では契約者、およびドメイン管理者のみがMySQLインスタンスの管理を行えますが、チェックを入れるとサイト管理者も情報参照や設定変更を行えます。
② コメント 入力できる文字数は半角64文字(全角32文字)までです。コメントにはインスタンスの管理をする際に分かりやすいよう利用目的等を入力することをおすすめします。なお、コメントは省略可能です。
③ パスワード データベースの接続ユーザーのログインパスワードを設定します。使用できる文字は A-Z、a-z、0-9 で、6文字以上32文字までです。セキュリティー保持のため、パスワードには必ず大文字、小文字、数字を混在させてください。

STEP4

作成されたインスタンスの情報が表示されます。[OK]ボタンをクリックすると、MySQLデータベースのTOP画面に移ります。

STEP5

作成されたインスタンスはMySQLデータベース画面にも表示されます。

インスタンスの編集

作成されているインスタンスの各種情報の変更や、パスワードの確認・変更が行えます。
なお、データベースサーバー名、ポート番号、接続ユーザー名は固定のため変更は行えません。

STEP1

ControlPanelにログイン後、[ユーティリティ]から[MySQLデータベース]をクリックし、対象インスタンス右側の[編集]ボタンをクリックします。

STEP2

[管理ユーザー]、[コメント]、[パスワード]の変更が行えます。変更後、[設定の保存]ボタンをクリックします。
パスワードを変更する場合には、インスタンス内にあるデータベースの接続ユーザー名のパスワードがすべて変更されます。
アプリケーション等に連携されている場合には、設定ファイルに記述しているパスワード情報も変更が必要です。

例:WordPressでご利用されている場合、wp-config.phpファイル内のパスワード記載欄の変更が必要です。

STEP3

変更完了画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックすると、MySQLデータベースの画面に移ります。

データベースの作成

データベースのご利用には、無償のMySQLデータベースをお申し込みいただき、インスタンスの作成完了後にデータベースの作成を行います。

STEP1

契約者アカウントまたはドメイン管理者権限でControl Panelにログインし、[ユーティリティ]から[MySQLデータベース]に進みます。

STEP2

対象インスタンス画面下部の[データベース]欄の[作成]ボタンをクリックします。

STEP3

データベース名とコメント(省略可能)を入力し、[作成]ボタンをクリックします。

① データベース名 データベースに任意の名前を付けられます。使用できる文字は A-Z、a-z、0-9、アンダーバー(_)で、1文字以上20文字までです。指定したデータベース名の先頭には、ドメイン毎のプレフィックス(接頭辞)が付きます。
② コメント 入力できる文字数は半角64文字(全角32文字)までです。コメントにはデータベースの管理をする際に分かりやすいよう利用目的等を入力することをおすすめします。なお、コメントは省略可能です。

STEP4

作成されたデータベース情報が表示されます、[OK]ボタンをクリックするとMySQLデータベース画面に移ります。

STEP5

インスタンス情報にデータベースが追加されていることをご確認ください。

データベースの編集・削除

作成されているデータベースのコメントの変更やデータベースの削除は以下の手順で行います

STEP1

契約者アカウントまたはドメイン管理者権限でControl Panelにログインし、[ユーティリティ]から[MySQLデータベース]に進みます。

STEP2

対象データベース右側の[編集]ボタンをクリックします。

STEP3

コメントの編集を行う場合には、編集後に[設定の保存]ボタンをクリックします。
編集完了の画面が表示されたら[OK]ボタンをクリックするとMySQLデータベース画面に移ります。

データベースを削除する場合には、[削除]ボタンをクリックします。

確認画面が表示されますので、削除するデータベースにお間違いないかをご確認のうえ、[削除]ボタンをクリックします。
削除完了の画面が表示されたら[OK]ボタンをクリックするとMySQLデータベース画面に移ります。

phpMyAdminへのアクセス

MySQL5.7のデータベース管理ツールはphpMyAdminを使用します。
phpMyAdminへは、Control Panelからのアクセスのみとなります。
※ phpMyAdminのURLからアクセスしても接続できない仕様です。

データベースのご利用には、無償のMySQLデータベースをお申し込みいただき、インスタンスの作成完了後にデータベースの作成を行います。

STEP1

契約者アカウントまたはドメイン管理者権限でControl Panelにログインし、[ユーティリティ]から[MySQLデータベース]に進みます。

STEP2

対象インスタンス画面右側の[phpMyAdmin]ボタンをクリックします。

STEP3

別画面でphpMyAdminのログイン画面が立ち上がり、左側にデータベース一覧が表示されます。

MySQL5.1とMySQL5.7の相違点

現行データベース 新データベース
バージョン MySQL5.1 MySQL5.7
文字コード EUC-JP UTF8(utf8m64)
個数 50個 5インスタンス×10個(合計50個)※
※1インスタンスにつき10個のデータベースが作成可能。
1個あたりの容量 1GB 1GB
データベース名 システム側でランダムに作成される お客さま任意の名称設定が可能
(DB名の先頭にシステム側で指定された名称が入ります。)
ご利用方法 1個ずつアカウントマネージャーからのお申し込みが必要 一度アカウントマネージャーからインスタンスを申し込むことで、1インスタンスあたり10個のデータベースが作成可能。
管理ツール DBManager phpMyAdmin
データベース利用権限 契約者、ドメイン管理者 契約者、ドメイン管理者、サイト管理者※
※サイト管理者は、インスタンスに権限付与を行うことで利用可能。

ページの先頭へ戻る