サービスご利用中のお客さま

ビジネス向けVPSならラピッドサイト

ご契約前の電話相談

ドメインの種類

新規にラピッドサイトでドメイン取得をご検討の方

取得できるドメインの種類
SHOP、TOKYO、YOKOHAMA、NAGOYA、OKINAWA、
COM、NET、INFO、ORG、BIZ、CLUB、MOBI、
XYZ、TOP、CLICK、LINK、SITE
ME、VC、TV、BZ、CC
CO.JP、OR.JP
JP

一般ドメイン

ドメインの代表格とも言える.comはgTLD(Generic Top Level Domain)のうちの一つです。 gTLDはアメリカで管理されているドメインなのですが、国籍や業種等に関係なく、個人や企業でも取得することが可能です。 また、一人でいくつものgTLDを取得することも出来ます。

COM 会社組織などの営利団体に割り当てられます。 ただし、現在では申請にあたって特に審査や書類の提出などはないため、 事実上誰でも登録することができます。
NET ネットワーク事業者など、ネットワークの管理組織に割り当てられています。 しかし、「.com」と同様現在では申請の際に特に審査や書類の提出などはないため、 事実上誰でも登録することができます。
INFO 誰でも登録することができます。
ORG 個人や非営利団体など、他のgTLDに該当しない組織に割り当てられます。 しかし、「.com」「.net」と同様現在では申請の際に特に審査や書類の提出などはないため、 事実上誰でも登録することができます。
BIZ 個人・法人の商用目的のためのドメイン名です。誰でも取得可能です。

国別ドメイン

ME 汎用性があり地域というカテゴリに限定されないため、"me"という文字列を活かした登録が数多く見込まれる注目のドメインです。
MOBI モバイル業界をリードする世界中の数多くの通信事業者、携帯電話機メーカーなどが設立した合弁会社のmobile Top Level Domain, Ltd. (mTLD) がレジストリとなります。
VC VentureCapitalやVirtualCommunityを連想させるVCドメインは、ベンチャー企業やインターネットビジネスに最適です。
TV TV(テレビ)を想像させるtvドメインは、メディア事業などブロードバンドコンテンツを公開するWebサイトに最適です。
BZ Businessを連想させることができるドメインで、かつ登録可能なドメインが数多く残っているので.com、.netなどではすでに登録されてしまっている、「短く」、「簡単で」、「覚えやすい」ドメイン名の登録をされる方などが増えてきています。
CC 有名企業が多数取得している.ccドメインですが、まだ登録可能なドメインが数多く残っており、従来の.com、.netなどではすでに登録されてしまっている、「短く」、「簡単で」、「覚えやすい」ドメイン名の登録ができます。

属性型JPドメイン

日本人にとって最も身近なドメイン名とも言える属性型JPドメインは日本という国に割り当てられたものです。 属性型JPドメインの構成はこのようになっています。属性とはJPドメインの前に付けられる2文字のアルファベットのことで、 これによってドメイン保有者を定義します。
例)あなたの企業名.co.jp
「co」の属性が「商業法人」であることを表します。JPドメインを取得する場合、 あなたの所属する組織(あるいはあなた自身)の持つ法的・外形的な位置付けによって、取得できるJPドメインが異なります。 自分がどこにあてはまるか確認してみましょう。

CO
[ 商業法人 ]
株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、特殊会社、 その他の会社 および信用金庫、信用組合その他の営利法人。 ただし、その法人が外国法人である場合には、 外国会社の登記を日本において行っている(日本国内に営業所を持っている)会社に限ります。
OR
[ 非商業法人 ]
財団法人(一般、公益)、社団法人(一般、公益)、医療法人、監査法人、宗教法人、特殊法人、農業共同組合、生活協同組合、 その他 CO,AC,GO のいずれにも属さない日本国法に基づいて設立された法人、 外国政府機関の在日公館その他の組織ならびに、国連等の公的な国際機関、 各国地方政府(州政府)等の駐日代表部事務所。
JPドメイン名の定義
  1. ドメインは英数字で始まり、英数字で終らなければなりません。
  2. 第3レベルの<単純名>は、3文字以上 63文字以下です。
  3. 第4レベル以下の<単純名>は、1文字以上 63文字以下です。
  4. JPドメイン名全体の長さは、ピリオドを含めて 255文字以下です。

JPドメイン登録上の注意

複数ドメイン名の保持
単一の申請組織が複数の登録ドメイン名を保持することは原則としてできません。
但し、以下にあげる例を除きます。

  • 登録ドメイン名変更のための移行期の場合
  • ネットワークサービス提供者が、複数の ネットワークサービスを行なっていて、それぞれに別々のドメイン名を利用する場合
  • JPNIC会員が、自分の運用するネットワークの管理のために AD.JPドメイン名を利用する場合

■ ドメイン名割り当ての取り消しおよび割当解除
申請に関して虚偽の記述もしくは虚偽の申請が発覚した場合、JPRSは申請中のものは申請を無効とし、 割り当て済みのドメイン名に関してはその割り当てを取り消すことができます。

汎用JPドメイン

汎用JPドメイン名とは、JPドメイン名管理団体のJPRS(日本レジストリサービス) が 新しく登録を開始する以下二つの形態のドメイン名です。

  1. 「CO」や「NE」などの組織属性部分が無くても取得可能になる。
    「rapidsite.co.jp」 のように、「組織名.属性.JP」だけではなく、「rapidsite.jp」 という「組織名.JP」が取得可能になります。

  2. JPドメイン名に日本語が利用可能になる。
    「ラピッドサイト.jp」や 「日本語.jp」 が取得可能になります。

本来は上記の二つの追加を総称して「汎用 JP ドメイン名」といいますが、 登録方法や運用開始時期に違いがあり、 非常にわかりづらいため、弊社では、1を「汎用JPドメイン名」、 2を「日本語JPドメイン名」と呼称します。

取得対象者 日本在住の方でしたら、どなたでも取得可能です。
取得可能な数 いくつでも取得可能です。
登録可能な文字数 -63文字.JP となります。
登録可能な文字数 a~zのアルファベット、0~9の数字、及び「-(ハイフン)」 になります。
登録可能な文字列 一部の予約ドメイン名を除いて基本的にはどのような文字列でも登録可能です。
※お申込みのドメイン名が予約ドメイン名に設定されていないことを必ずご確認ください。

日本語.JPドメイン

日本語JPドメインの登録代理申請は諸般の理由により一時的に中止させていただきます。 尚、日本語JPドメインをご希望のお客様は株式会社日本レジストリサービス(JPRS)にて直接取得手続きを行ってください。

日本語.comドメイン

日本語を含んだInterNIC発行の「com,net,org」ドメイン名 日本語.comの登録代理申請は 諸般の理由により一時的に中止させていただきます。 尚、日本語.comドメインをご希望のお客様は各レジストラにて取得手続きを行ってください。 今後、日本語.com 実用の具体化などの状況変化によっては、弊社でも本サービスの再開を検討させていただきます。 尚、日本語ドメイン関連情報はラピッドサイト・ホームページ上にてお知らせいたします。 何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

今すぐお申し込み
メールでお問い合わせ