サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) OUTLOOK2013

STEP1 設定情報の確認

設定に必要な情報は下記ページをご確認ください。

STEP2 アカウントの追加

Outlook2013を起動し、メニューの「ファイル」をクリックします。


表示された画面の中の「アカウントの追加」をクリックします。


STEP3 アカウントの手動設定

新しいウィンドウが表示されます。
ここでは何も入力せず、下図の「自分で電子メールやその他サービスを使うための設定をする(手動設定)」に
チェックを入れて、[次へ]をクリックします。


次の画面では、「POPまたはIMAP」にチェックを入れて、[次へ]をクリックします。

以下の画面で、メールアカウントの設定を行います。
項目に沿って、必要な情報を入力して下さい。
また、項目下部にある「メールサーバーがセキュリティで保護された・・・」の部分には、チェックを入れないで下さい。

入力が完了したら、[次へ]ではなく、「詳細設定」のボタンを押して下さい。



STEP4 送信認証(SMTP AUTH)の設定 ※VPSのみ

VPSでは、メール送信時の認証方式として「SMTP AUTH(SMTP認証)」を採用しています。
SMTP AUTHとは、ユーザー認証を必要としたメール送信システムで、外部からの不正利用を防ぎます。

「詳細設定」のボタンをおすと、新しいウィンドウが表示されます。
「送信サーバー」のタブをクリックして下さい。


「送信サーバー」の画面では、下図のように2箇所にチェックを入れて下さい。
ここではまだ右下の[OK]ボタンは押しません。


STEP5 サブミッションポート(OP25B)の設定

次に、「詳細設定」のタブをクリックして下さい。


「詳細設定」では、送信サーバーのポート番号を、「25」から「587」に変更します。
この時、「このサーバーは暗号化された・・」にチェックをいれないで下さい。
その後、ウィンドウ右下の「OK」ボタンを押して、このウィンドウを閉じて下さい。


STEP6 設定アカウントの接続検証

元のウィンドウに戻り、ウィンドウ右下の「次へ」ボタンを押して下さい。


すると、設定したメールアカウントのテストが開始されます。
問題がなければ、下図のように「状況」に「完了」と表示されます。
「閉じる」を押して、テストを終了させて下さい。


STEP7 アカウント設定の完了

以上で設定は完了です。
下図ウィンドウの「完了」ボタンを押して、設定を完了させて下さい。


以上で、メールアカウントの設定は完了です。


ページの先頭へ戻る