サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) メール設定に必要な情報

メールの送受信を行うには、サーバーのコントロールパネルからメールアカウント(ユーザー)を作成後、PCのメールソフトに設定を行う必要があります。メールアカウントの作成方法は、各プランのマニュアルをご参照ください。


メールソフトの設定に必要な情報

設定方法はメールソフトごとに異なりますが、以下の情報は必須となります。
設定項目 情報
POPサーバ(受信メールサーバ) ご契約ドメイン名、または、サーバーのIPアドレス example.com
SMTPサーバ(送信メールサーバ) ご契約ドメイン名、または、サーバーのIPアドレス example.com
ユーザID(メールアカウント) メールアカウント作成時に設定したID info
パスワード メールアカウント作成時に設定したパスワード password
メールアドレス ユーザーID@ドメイン名 info@example.com
POPサーバ、SMTPサーバーについて
弊社のDNSサーバーをご利用の場合、「pop.ドメイン名」「smtp.ドメイン名」でも構いません。「pop.」や「smtp.」をつけてもつけなくても同じ結果が得られます。

プロバイダのSMTPサーバーについて
メール送信のためのSMTPサーバーとして、お客さまでご利用中のプロバイダから提供されているSMTPサーバーをご利用いただいても構いません。プロバイダによっては、独自ドメイン名でのメール送信に制限を設けている場合もあります。詳細はご利用のプロバイダにお問い合わせください。
IMAP接続について
imapは常時接続を行いますため、サーバーのリソースを多く消費します。
メールご利用に関しましてはpopでの接続を推奨させていただきます。

VPS

VPSでは、メール送信時の認証方式に SMTP_AUTH を採用しています。
メールソフトで送信を行うにはメールソフト上での設定が必要です。

※VPSはサーバーの設定を自由にカスタマイズできるため、認証方式の変更が可能です。設定変更のサポートは行っておりませんので、お客さまにてお調べいただけますようお願いいたします。





ページの先頭へ戻る