サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

09) マルチドメインの外部メール設定

マルチドメイン名で外部メールサーバーを利用する場合、サーバーの内部配信を回避するために 以下の作業が必要です。

サーバーシステムファイルの変更については、 SSH接続の上root権限でファイル編集を行って頂くか、
管理者IDでコントロールパネルにログインして「ファイル管理」機能で編集して下さい。
以下の2つのファイルを編集する必要があります。

/etc/mail/local-host-names

編集ファイル:/etc/mail/local-host-names
上記の「local-host-names」ファイルには、以下のように記述されています。
# local-host-names - include all aliases for your machine here.
メインドメイン名
マルチドメイン名
以下のように変更して下さい。
赤い文字が、追加部分です。
下記のようにマルチドメイン名の行頭に半角の#を追記して下さい。
# local-host-names - include all aliases for your machine here.
メインドメイン名
#マルチドメイン名

/etc/mail/virtusertable

編集ファイル:/etc/mail/virtusertable
上記の「virtusertable」ファイルの中には、多数のメールアカウント設定が記述されております。
その中から、以下の記述部分を変更して下さい。
apache@マルチドメイン名 apache
以下のように変更して下さい。
上記メールアドレスが設定されていなかった場合は、追加して下さい。
赤い文字が、追加部分です。
apache@www.マルチドメイン名 apache

sendmailの再起動

前述のシステムファイルの編集は、コントロールパネルからsendmail再起動を行うことによって反映されます。
必ず、sendmailの再起動を実行して下さい。

sendmailの再起動は、コントロールパネルの「システム管理」にある「サービス管理」メニューから 行うことが可能です。
サービス一覧の中の「sendmail メールサーバサービス」の列の一番右にある「再起動」をクリックして下さい。

以上でsendmailの再起動は完了です。

上記作業により、メールの内部配信が解消されるかと存じますので ご確認いただけますようお願い申し上げます。


ページの先頭へ戻る