サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

07) DNSレコードの追加

DNSレコードの追加

DNSレコードの追加は、VPSコンソールにログインして、以下のマニュアルでご案内しているDNSレコードの編集画面から 行うことができます。



DNSレコードを追加するには、下図で示す、DNSレコード編集画面の左上にある「新しい DNS レコードを追加」をクリックして下さい。

以下、例として、「www.ドメイン名」をAレコードとして登録する方法になります。

項目入力後、「終了」ボタンをクリックすれば、レコード追加が完了いたします。

MXレコードを追加する場合

例のようなMXレコードを追加する場合、「DNS レコードタイプ」のリストボックスから「MX」を 選択して下さい。
例: ドメイン名    IN    MX   40 メールサーバー名

すると、画面の入力項目が、下記のように変更されます。


上図のように「メールエクスチェンジャー」の入力欄にメールサーバー名を入力し、
「終了」ボタンをクリックすれば、MXレコードの登録は完了です。

DNSゾーン情報を追加した後、変更情報をDNSサーバーに同期させる為、5分間程度の時間が必要です。
同期化が完了するまでの間、VPSコンソール上での「ホスト済みドメイン」の画面は、
下図のように同期が「いいえ」の表記になります。

5分程度で自動的に更新されますが、コンソール上での同期完了を確認したい場合は、
右上の緑の円を描いている矢印アイコンをクリックして下さい。
状況が最新状態に更新されます。

以上で、DNSレコードの追加が完了いたします。

ページの先頭へ戻る