サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) DNS切替前のサーバー接続

ドメイン取得前やサーバー移転中などで、ドメインの接続ができない場合、以下の方法でサーバーに接続することができます。

方法1) サーバーのIPアドレスで接続する
方法2) PCのhostsファイルを編集し、そのPCからのみドメイン名で接続する

アプリケーションを利用される場合
標準搭載のアプリケーションは、ドメイン接続での利用を前提として設定されています。このため、IPアドレスでの接続ではアプリケーションの管理画面にログインできないなど、正常に動作しません。(2)の方法にてご利用ください。


方法1) サーバーのIPアドレスで接続する

サーバーのIPアドレスは、ご契約当初に弊社からお送りしている「アカウント設定完了のお知らせ」メールに記載しています。ご不明の場合にはご契約者さまの「登録メールアドレス宛」に再発行が可能です。テクニカルサポートまでお問い合わせください。



方法2) PCのhostsファイルを編集する

hostsファイルとは、ホスト名とIPアドレスの対応を定義するためのテキストファイルで、ほとんどのPCに設置されています。
以下、代表的なOSでのhostsファイルの設置場所です(詳細はご利用OSベンダーにお問い合わせ下さい)。
WindowsVista : C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
WindowsXP : C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
Windows NT系列 : C:\SystemRoot\System32\drivers\etc\hosts
Windows 95系列 : C:\WINDOWS\hosts
Mac OS X  : /etc/hosts(シングルユーザーモードでのみ有効)

hostsファイルをメモ帳などで開き、もともと記述されている内容の下部に以下の1行を追記します。
サーバーのIPアドレス半角スペースドメイン名
例)
000.000.000.000 example.com

上記を設定したPCからのみ、ドメイン名でサーバーに接続できます。
接続できない場合にはPCの再起動をお試しください。

DNS設定(ドメイン接続)が完了した後は、必ず上記の記述を削除してください。

Windows 8 、Windows 7 、Windows Vista で hosts ファイルを変更する際に、次のいずれかのようなエラー メッセージが表示される場合があります。

【C:\Windows\System32\drivers\etc\ hosts へのアクセスが拒否されました】
【ファイル C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts を作成できません。
パスおよびファイル名が正しいか確認してください。】

<回避策>
この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
1. [スタート] ボタン をクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] を順にクリックします。
  [メモ帳] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
2. hosts ファイルを開き、必要な変更を行ってから、[編集] メニューの [上書き保存] をクリックします。


ページの先頭へ戻る