サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

VPSならラピッドサイト:ホーム  >  カスタマーサポート  >  VPSシリーズ共通ガイド  >  アプリケーションガイド > WordPress  >  05) プラグイン、テーマのFTPアップロードについて

05) プラグイン、テーマのFTPアップロードについて

標準搭載済のWordPressディレクトリは、オーナーとユーザーの権限がapacheユーザーで設定されている為、 FTP接続ができません。

WordPressで、プラグインやテーマなどを、「wp-contents」ディレクトリ内の「plugins」や「themes」に アップロードしたい場合は、以下の手順により、該当ディレクトリの権限を変更していただければ、FTP接続の上、データのアップロードが可能になります。

1) コントロールパネルに管理者ユーザーIDでログインします。
コントロールパネルURL
http://ご利用ドメイン名/ControlPanel/

2) 「ファイル管理」の「ファイル一覧」をクリックしてください。


3) WordPressの設置ディレクトリに移動する。
移動先のディレクトリに、WordPressが設置されているディレクトリパスを入力し、「実行」ボタンを押してください。
標準搭載のWordPressの場合は、「/www/htdocs/wp」になります。


4) 表示されたディレクトリの中にある「wp-content」をクリックします。


5) オーナー権限を変更するので、下図の「apache」と記載されている部分をクリックします。


6) リストボックスで「apache」が表示されているので、▼マークをクリックして、管理者ユーザーIDを選択します。
 「ユーザID」「グループID」両方共、管理者ユーザーIDを選択してください。
 下図のように「オプション」のチェックボックスには、必ずチェックをいれます。
 設定後、「OK」ボタンをクリックしてください。


7) 次に、パーミッションを変更します。
 下図のパーミッション部分に表示されている「0755」をクリックしてください。


次に、下図の3箇所にチェックをいれて、「OK」ボタンをクリックしてください。

以上の操作で、「wp-content」のプロパティは以下のようになっています。


この状態でFTP接続を行えば、「wp-content」ディレクトリにデータをアップロードする事が可能です。

ページの先頭へ戻る