サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

04) Piwik 2.xの解析ページの見方

このページでご案内する見方は、基本的な内容であり、全てをご案内するものではございません。
弊社ではPiwikの利用可能環境であるサーバーを提供しておりますが、基本的に、Piwik自体のサポートは行っておりません。
当アプリケーションマニュアルでは、Piwikを利用するにあたっての基本的なご利用方法を簡易的にご案内しております。
このページでご案内している以上の機能詳細については、サポート対象外となりますので、その旨ご了承頂けますようお願い致します。
Piwikの解析内容の詳細な意味や見方等につきましては、公式サイト日本Piwikユーザー会でご確認頂けますようお願い致します。

本マニュアルは、Piwik 2.2.2に関するご案内となっております
Piwikは、バージョンによって、画面構成やメニュー項目が異なりますので、その旨ご了承ください。

Piwikでは、多種多様な解析結果を確認する事が可能です。
Piwikで確認できる解析メニューは、下図の赤枠で囲まれている部分になります。


このページでは、以下の画面の解析ページについて、簡単にご案内させて頂きます。

「ダッシュボード」について

ダッシュボード画面は、piwikにログインして、最初に表示される画面です。


ここでは、基本的な解析データが表示されるようになっています。
ダッシュボードで表示される解析項目は、カスタマイズする事が可能です。
「ウィジェットとダッシュボード」をクリックすると、下記のように、項目を選択できる画面が表示されます。

ここで、ダッシュボード画面に表示させたい項目をクリックするだけで、その項目がダッシュボードに表示されます。
すぐに知りたい情報の項目を設定する、表示位置を変更するなどして、閲覧者にとって、使いやすいページ構成にする事が可能です。

「ビジター」について

ビジター画面では、ページ訪問者についての様々な解析情報を確認する事が可能です。
「ビジター」のタブをクリックすると、表示されます。

概観

「概観」は、ビジター画面にアクセスした時に、最初に表示される画面です。
下図のように、ビジター数やページビュー数を確認する事が可能です。
画面左上の「期間」をクリックすると、月単位、年単位、任意の期間などを設定する事ができ、その期間のビジター情報を確認する事が可能です。


ビジターログ

「ビジターログ」は、訪問したビジターが、どのような動きで、webサイトを閲覧したのかが記録されています。
下図のように、ビジターが、どのようなキーワードを使ってwebサイトに来たのか、閲覧したページ、閲覧していた時間、移動したページなどが確認可能です。


設定

「設定」は、ビジターがweb閲覧に利用していたPCのシステム構成になります。


所在地とプロバイダー

「所在地とプロバイダー」は、国単位での、ビジター情報になります。


利用状況

「利用状況」は、ビジターがweb閲覧を行っていた時の時間や、訪れたページ数、リピートビジターの利用状況などが表示されています。


時間

「時間」は、アクセス数が、時間毎に表示されています。
「ローカルタイム」が日本時間、「サーバータイム」がGMT(グリニッジ標準時)でのアクセス数になっています。


「アクション」について

アクション画面では、ビジターが、どのような経緯でwebページを閲覧していったか、どのページが人気があったかなどを確認する事が可能です。

ページ

「ページ」は、アクション画面にアクセスした時に、最初に表示される画面です。
下図のように、各ディレクトリ毎のアクセス数を確認する事が可能です。


ディレクトリ内にさらにディレクトリがあった場合、その親ディレクトリ名をクリックすると、子ディレクトリが展開します。
さらに、その子ディレクトリをクリックすると、最終的に、下図のようにページ単体についてのアクセス数の表示が可能です。


入口ページ

ビジターが最初にアクセスしたwebページになります。
前述の「ページ」同様、ディレクトリをクリックして行くことで、ページ単体へのアクセス数まで表示が可能です。


出口ページ

ビジターが最後にアクセスしたwebページになります。
前述の「ページ」同様、ディレクトリをクリックして行くことで、ページ単体へのアクセス数まで表示が可能です。


ページタイトル

ビジターがアクセスしたwebページのタイトルを、アクセスが多かった順に表示しています。


「参照元」について

参照元では、どのような検索を行ってwebサイトに到達したのか等を確認する事が可能です。

概観

「概観」は、アクション画面にアクセスした時に、最初に表示される画面です。
下図のように、直接アクセスしたビジター数や、検索エンジンを利用した到達したビジター数を確認する事が可能です。


検索エンジンとキーワード

どのようなキーワードで、どの検索エンジンを使って到達したのかを確認可能です。


キーワードをクリックすると、下図のように、そのキーワードをどの検索エンジンで用いたのかを 確認する事が可能です。


ウェブサイト

外部リンクから到達していた場合、その外部リンク先が記録されます。



ウェブサイト名をクリックすると、その外部リンクされているページを確認する事が可能です。


ページの先頭へ戻る