サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) Piwik 2.x のインストール

このマニュアルページでは、コマンド操作による、インストール方法をご案内いたします。
※Piwikが標準搭載のプランでは、このページの作業は必要ありません。
※インストールの作業代行は、設定代行オプション「Piwik インストール」にて承っております。
※Piwikは、メインドメインのドキュメントルートにインストールする事になります。
 マルチドメインの解析ページもメインドメインから設定可能ですので、マルチドメインにインストール必要はありません。

ソースファイルの取得とアップロード

標準搭載アプリケーションのソースファイル」よりPiwikのソースファイルをダウンロードします。

サーバーに管理者(マスター)ユーザーでFTP接続し、ドキュメントルート(/www/htdocs)に
ダウンロードしたソースファイルをアップロードします。

ソースファイルの展開とインストール

当ページのインストール方法では、以下のURLにて設定されます。URLを変更したい場合には、適宜読み替えてご設定ください。
Piwikログイン画面のURL
http://ご利用ドメイン名/piwik/
サーバーに管理者(マスター)ユーザーでSSH接続し、suコマンドにてrootユーザーに変更してから、以下のコマンドを実行してください。

青字部分は実際のソースファイル名に置き換えてご入力ください。
※行頭の「#」はその行がコマンドであることを表す記号ですので、入力する必要はありません。


ドキュメントルートに移動します
# cd /www/htdocs

ソースファイルを解凍(展開)します
# unzip ダウンロードファイル名

展開されたpiwikディレクトリのオーナー権限を変更します
# chown -R apache:apache piwik

piwikディレクトリの実行権限を変更します
# chmod 755 piwik

ソースの展開作業は以上です。

PHPモジュールの確認

Piwikを利用する為には、以下のPHPモジュールが有効になっている必要があります。
curl
dom
gd
gettext
iconv
json
mbstring
mcrypt
mhash
mysql
mysqli
openssl
zlib

ご利用サーバーで有効になっているモジュールについては、以下のコマンドで確認可能です。
# php -m

【実行例】
# php -m
[PHP Modules]
ctype
curl
gd
gettext
iconv
json
libxml
mbstring
mcrypt
mhash
mysql
openssl
pcre
pgsql
Reflection
session
SimpleXML
SPL
standard
xml
zip
zlib

[Zend Modules]
※上記は一例です。ご利用サーバーが、この状態になっているとは限りません。
サーバー状況や設定アプリ等によって、設定済みモジュールは異なります。


モジュールの有効方法につきましては、以下のマニュアルページをご参照下さい。
Piwikに必要なモジュールは、以下のような記述部分になります。
これらの行頭の「;」が削除されていれば、そのモジュールがご利用可能です。
extension=curl.so
extension=dom.so
extension=gd.so
extension=gettext.so
extension=iconv.so
extension=json.so
extension=mbstring.so
extension=mcrypt.so
extension=mhash.so
extension=mysql.so
extension=mysqli.so
extension=openssl.so
extension=zlib.so
ご利用サーバーのモジュール設定ファイル(/usr/local/php/etc/extensions.ini)を確認し、足りないモジュールがあれば、行頭の「;」マークを削除し、保存後Apacheの再起動を行い、有効にして下さい。

データベースの作成

Piwikのブログデータを蓄積するデータベースをMySQLで作成します。
ここでは例として「piwik」というデータベースを作成します。
また、このデーターベースは「UTF8」の文字コードで作成する必要があります。

データベースの作成は、phpMyAdmin(Webブラウザでの操作)で設定する方法と、MySQLモニタ(SSHでのコマンド操作)で設定する方法との2種類があります。利用しやすい方で行ってください(phpMyAdminでの設定のほうが簡単です)。


phpMyAdminでの設定

phpMyAdminにログインします。

ログイン後の画面右からデータベースを作成します。
「新規データベースを作成する」の入力欄(左)に作成するデータベース名「piwik」を入力し、照会順序に「utf8_unicode_ci」を選択し、「作成」をクリックします。


データベースの作成が完了すると、以下のような画面が表示されます。

以上でphpMyAdminによるデータベースの作成は完了です。


MySQLモニタでの設定


% mysql -u 管理者(マスター)ユーザID -p <Enter>

Enter password: アプリケーションパスワードを入力。画面上には表示されません。 <Enter>

Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 31 to server version: 4.1.19

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql>

上記の状態は、MySQLクライアントが起動し、コマンド待ちの状態です。
ここで、以下コマンドを入力し「piwik」というデータベースを「UTF8」の文字コードで作成します。

mysql> create database piwik character set utf8;<Enter>
Query OK, 1 row affected (0.88 sec)

コマンドを入力しエンターキーを押すと、上記のようなメッセージが表示され
データベースが作成されます。
次に、以下コマンドでMySQLクライアントを終了します。

mysql> quit<Enter>
Bye
以上でMySQLモニタによるデータベースの作成は完了です。
Piwikのwebインストール時に、上記の設定情報(データベース名、作成ユーザー名、パスワード)が必要になります。


webインストールの実行

本マニュアルは、Piwik 2.2.2に関するご案内となっております
Piwikは、バージョンによって、画面構成やメニュー項目が異なりますので、その旨ご了承ください。

以下URLにアクセスします。
http://ご利用ドメイン名/piwik/
すると、以下のような画面が表示されます。

「次へ」の文字をクリックしてください。

「システムの確認」の画面が表示されます。
赤いチェックマークが表示されていなかれば、問題ありませんので、「次へ」の文字をクリックしてください。

モジュールの不足などがあった場合、この画面で、不足の設定について表示されます。
不足の指摘があったモジュールや設定がありましたら、その対応を行って下さい。
この画面で「piwik.php に対する GET リクエストが失敗しました。 この URL を mod_security と HTTP 認証からホワイトリスト化してください。 」と表示される場合がありますが、ご利用に問題はありませんので、そのままご利用下さい。

確認後、「次へ」の文字をクリックして、次画面に進んで下さい。
すると、下図のようは、データベース設定の入力画面が表示されます。

上図のように、情報を入力したら、「次へ」をクリックしてください。

入力した情報が、作成したデータベース情報と一致していれば、下図のように表示されます。
「次へ」の文字をクリックして下さい。

次に、Piwikのスーパーユーザー情報を設定します。
スーパーユーザーは、Piwikの全ての管理を行うことが可能です。
ここでは、管理者IDとアプリケーションパスワードを用いる事とします。
入力後、「次へ」の文字をクリックして下さい。

次に、Piwikの解析を行いたいサイトの情報を登録します。
まずは、メインドメインを設定される事をお奨めいたします。
あとで変更することも、追加する事も可能です。

「都市選択」で日本のタイムゾーンを設定する為には、「Asia」の「Tokyo」を選択してください。
「eコマース」の部分は、「eコマースサイトではない」を選択してください。
あとで変更する事も可能ですので、どちらにしておいても特に問題はありません。
入力後、「次へ」をクリックしてください。

すると、下記のように、ページに埋め込むためのスクリプトが表示されます。

この情報は、設定終了後確認する事も可能です。
確認後、右下の「次へ」の文字をクリックしてください。

以下の画面が表示され、設定が完了します。


次に、SSH接続の上、suコマンドでroot権限になってから、以下のコマンドを 実行してください。
外部からの、設定ファイルへのアクセスを防ぐためです。
# chmod 400 /www/htdocs/piwik/config/config.ini.php

以上でPiwikのインストールは完了です。

この後すぐにPiwiにログインする場合は、この画面の「Piwikを継続」の文字をクリックしてください。

Piwikにログインしてからの、基本的な操作方法につきましては、「Piwikの基本的な使い方」をご参照下さい。


ページの先頭へ戻る