サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) phpMyAdmin のインストール

コマンド操作によるインストール方法をご案内いたします。

※phpMyAdminが標準搭載のプランでは、このページの作業は必要ありません。
 「ログインと基本操作」をご参照ください。

※ご利用プランのphpMyAdmin対応状況はこちらをご参照ください。

※インストールの作業代行は、設定代行オプション「phpMyAdmin インストール」にて承っております。


ソースファイルの取得とアップロード

以下の公式ダウンロードサイトより、「all-languages.tar.gz」版のソースファイルをダウンロードします。 ※phpMyAdmin3系のバージョンは、MySQL4.1以降のバージョンでご利用可能となっています。

サーバーに管理者(マスター)ユーザーでFTP接続し、ドキュメントルート(/www/htdocs)にソースファイルをアップロードします。


ソースファイルの展開とインストール

サーバーに管理者(マスター)ユーザーでSSH接続し、以下のコマンドを順に実行します。
※青字部分は実際のソースファイル名に置き換えてご入力ください。
※「#」はその行がコマンドであることを表す記号ですので、入力しないでください。

phpMyAdminのソースファイルを解凍します。
# cd /www/htdocs<Enter>
# tar xvzf phpMyAdmin-xxx-all-languages.tar.gz<Enter>
解凍したディレクトリの名称を「mysqladmin」に変更します。
# mv phpMyAdmin-xxx-all-languages mysqladmin<Enter>


設定ファイルの修正

「 /www/htdocs/mysqladmin/config.sample.inc.php 」という設定ファイルをダウンロードし、ファイル名を「 config.inc.php 」に変更します。

「 config.inc.php 」をメモ帳などで開き、以下の箇所を修正します。
18行目
$cfg['blowfish_secret'] = '管理者(マスター)ユーザーID'; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */

※上記はクッキーファイルに登録するためのキーになります。任意の文字列で構いませんが、ここでは管理者ユーザIDを設定することとします。

37、8行目
// $cfg['Servers'][$i]['controluser'] = '管理者(マスター)ユーザーID';
// $cfg['Servers'][$i]['controlpass'] = 'アプリケーションパスワード';

修正したファイルを「 /www/htdocs/mysqladmin 」ディレクトリ内にアップロードします。
以上でインストールは完了です。

以下のURLにてphpMyAdminにログインできます。
http://ご利用ドメイン名/mysqladmin/


サーバー内部へコマンド実行命令をだせるsetup.phpファイルは放置しておくと不正アクセスの対象になります。
setup.phpはインストール時のみ使用するので、作業完了後、パーミッションを000へ変更てください。

# chmod 000 /www/htdocs/mysqladmin/scripts/setup.php


ページの先頭へ戻る