サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

05) 公開URLをドメイン名のみに変更

「ウェブサイト」の公開URLを「http://ドメイン名/」に変更

MovableType 6 で構築する「ウェブサイト」の公開URLは、通常「http://ドメイン名/web/」ような形式で設定されます。
この公開URLを「http://ドメイン名/」に変更することが可能です。

ここでは、作成済みのウェブサイト「FirstWebsite」のURLを、「http://ドメイン名/」に変更する方法をご案内いたします。
※既に「http://ドメイン名/」でのページが存在する場合、「ウェブサイト」のページに上書きされますのでご注意ください。


1) ドキュメントルートのパーミッション変更
ドキュメントルート(/www/htdocs)のパーミッションを「707」に変更します。
※この作業は必須です
コマンド例
# chmod 707 /www/htdocs

2) 「 ウェブサイトURL」「ウェブサイトパス」の変更
MovableType 6 にログインします。
画面左上の「movabletype」の文字をクリックすると、「ユーザーダッシュボード」の画面に移動します。


公開URLを変更するウェブサイトを選択します。
この例では「FirstWebsite」を選択します。


表示された「FirstWebsite」のメニューから「設定」をクリックし、「全般」をクリックします。


「全般設定」画面の「公開パス」を編集します。
「 ウェブサイトURL」「ウェブサイトパス」の「編集」をそれぞれクリックします。


設定の編集が可能となりますので、以下のように変更します。
※「 ウェブサイトURL」の末尾には、「/」をつけます。
※「ウェブサイトパス」の末尾には「/」をつけません。
※「ウェブサイトパス」のドキュメントルートはプランによって異なります。


編集後、ページ下部の「変更を保存」をクリックします。


変更を保存後、「エラー: ウェブサイト公開用のディレクトリを作成できません。自分でディレクトリが作成できる場合は、ウェブサーバーに書きこみ権限を与えてください。 」というエラーが表示された場合、ドキュメントルートのパーミッション変更が行われていない可能性がございます。
このマニュアルページの「1) ドキュメントルートのパーミッション変更」をご確認頂き、ドキュメントルートのパーミッションを「707」に変更してください。

「再構築」をクリックします。


「再構築」のウィンドウが表示されますので、「再構築」をクリックします。


再構築完了後、「サイトの表示」アイコンをクリックしてウェブサイトのURLを確認してください。


以上で、MovableType 6 で作成した「ウェブサイト」が「http://ドメイン名」のURLで公開できます。
また、この設定後に追加したブログは、「http://ドメイン名/blog」といった第2階層での公開が可能になります。

弊社ではMovableType 6 の利用環境であるサーバーを提供しておりますが、MovableType5自体の利用方法や設定方法についてはサポートを行っておりません。
当アプリケーションマニュアルでは、MovableType5を利用するにあたっての初期設定および基本設定を簡易的にご案内しております。
詳細については、公式サイトや専門書籍等にてお調べいただけますようお願いいたします。

ページの先頭へ戻る