サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

03) ユーザ管理について(WebMasterユーザを作成しましょう)

Pleskの初回ログインが完了した後、ご利用可能なユーザは、以下になっています。
VPSコンソールログインユーザ
Pleskのadminユーザ
初期登録Webサイトのシステムユーザ
それぞれのユーザで可能な権限は以下になります。
  VPSコンソールログイン Pleskログイン FTP接続 SSH接続
VPSコンソールログインユーザ × × ×
Pleskのadminユーザ × × ×
システムユーザ × × ○(要設定)

上記に示す通り、Pleskにログイン可能なユーザは、全ての権限を持っているadminユーザのみとなっています。
その為、現状では、Plesk操作を行うためには、全権限を持った「admin」ユーザを利用するしかない状態です。
しかし、通常のWeb管理を行うのであれば、adminユーザのような多くの権限をもった状態で操作する必要はありません。

Pleskでは、Web管理を行うのに適した権限の「WebMasterユーザ」を作成する事が可能です。
「WebMasterユーザ」は、admin権限から「サーバ」「ユーザ」を除いた権限が設定されています。

以下、「adminユーザ」と「WebMasterユーザ」のPlesk操作パネルの比較になります。

「adminユーザ」


「WebMasterユーザ」


「WebMasterユーザ」は、ドメイン名毎に設定する事が可能です。
複数のドメイン名を管理する場合は、ドメイン名毎に「WebMasterユーザ」を作成して、管理される事をお薦めいたします。

「WebMasterユーザ」の作成方法につきましては、以下のマニュアルをご参照下さい。


ページの先頭へ戻る