サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

10) スパムフィルターの設定

スパムフィルターの設定は、Pleskから行います。

以下ご案内内容は、Plesk12.0での画面になります。
12.5以上のバージョンの場合、選択するメニューは「 ツールと設定 」になります。

blacklist01.jpg
Pleskにログイン後、「サーバー」タブをクリックします。
表示された画面にある「スパムフィルター設定」をクリックします。


すると、下図のような設定画面が表示されます。
ここでスパムフィルターを設定する事ができます。
blacklist02.jpg

一般
サーバ全体に対する SpamAssassin スパムフィルタを有効にする : チェックします。
サーバ全体に対するグレイリストスパム防御を有効にする : グレイリストによるスパムフィルターを利用する際にチェックします。
スパムフィルタにユーザごとの設定を適用する : チェックします。

SpamAssassin 設定
Spamd プロセスを実行する最大 Worker 数 (1-5): SpamAssassin プロセスの最大数を指定します。サーバー負荷軽減の為、標準設定を奨励します。
メッセージをスパムとして判断するスコア 値: SpamAssassinの感度を設定します。必要なメールがSMAP として判定されてしまう場合は数値を大きく、SPAMが多く受信されてしまう場合は数値を小さくします。
スパムとして認識されたメッセージの件名の
先頭に以下のテキストを追加する:
*****SPAM*****(標準) ※スコア値を表示させたい場合 は_SCORE_ を入力します。


ページの先頭へ戻る