サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

09) 自動応答メールの設定

自動応答の設定はは、Pleskから行います。
Pleskに自動応答を有効にしたいアドレスでログインします。

auto_rep01.jpg
「メール」タブが開きますので「メールアカウント設定を変更」をクリックします。

auto_rep02.jpg
表示された画面にある「自動応答タブ」をクリックします。

すると、下図のような設定画面が表示されます。
ここで自動応答を設定する事ができます。

auto_rep03.jpg

自動応答を有効にする チェックします。
自動応答メールの件名 標準で入力されている「Re: <request_subject>」の
ままにすると、送信元メールの件名にRe:をつけて返信します。任意の件名を入力すると、入力した件名のメールが送信元へ送られます。
メッセージフォーマット 自動応答メールについて、テキスト形式またはHTMLを選択します。
HTMLは送信元の環境により文字化けが発生するケースがありますので、テキスト形式をお勧めします。
エンコーディング 自動応答メールのエンコーディングを選択します。
標準でUTF-8が選択されておりますが、特に変更する必要はございません。
自動応答メールのテキスト

自動応答メールの本文を入力します。空欄のままにしますと、送信元へ本文なしのメールが届きます。

転送先 自動応答を有効にしている間に、送られてきたメールを特定のアドレスへ転送できます。転送の必要がない場合は空欄にします。
1日に同一アドレスに送信する自動応答 同一アドレスから送られたメールに対して1日のうちに自動応答を送信する回数を指定できます。
添付ファイル 自動応答にファイルを添付する事ができます。


※自動応答を有効にしている間に届いたメールは、サーバーに保存されておりますので、ご利用のメールソフトにて受信可能です。

ページの先頭へ戻る