サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

08) ウイルスチェックサービスの設定

ウイルスチェックサービスのお申し込み

ウイルスチェックサービスについては、以下のご案内ページをご参照下さい。
サービス名 初期設定費用 月額利用料金
シマンテック社製ウイルスチェックサービス メインドメイン:0円 ※1
マルチドメイン:3,000円 ※2
メインドメイン:0円 ※1
マルチドメイン:980円 ※2
※1.サーバー契約ドメイン(メインホスト)でご利用の場合の料金です。
※2.マルチドメイン(サブホスト)でご利用の場合の1ドメインあたりの料金です。

※ ウイルスチェックサービスオプションにつきましてはプランのご解約時まで解約はできませんので予めご了承の上、お申し込みください。
※ 表示価格はすべて税抜です

ウィルスチェックサービスのお申し込み方法ついては、以下のご案内ページをご参照下さい。

ウイルスチェックサービスの申込が完了すると、シマンテック社製のウィルスチェックサービスを利用することが可能になります。
申込完了のメールが届きましたら、以下のウイルスチェックサービスの設定を行っていただけますようお願い致します。

ウイルスチェックサービスのお申し込みを行わず、以下のDNS変更を行われますと、メールが全て受信できなくなりますので、ご注意下さい。

本マニュアルページでは、弊社DNSサーバを利用されているユーザ様向けに、Pleskでの設定方法をご案内しております。
外部DNSをご利用の場合は、以下MXレコードの追加を行って下さい。
vs.mailsystems.net


ウイルスチェックサービスの設定方法

ウイルスチェックサービスの申込完了通知がお手元に届きましたら、Pleskで、DNSサーバの設定を変更し、MXレコードに、ウイルスチェックサービスの サーバを登録して下さい。

STEP.1:Pleskの「ウェブサイトとドメイン」の「DNS設定」にアクセス

Pleskにログインし、「ウェブサイトとドメイン」タブにある、ウィルスチェックサービスを設定するドメイン名の「表示項目を増やす」をクリックする。

表示メニューの中の「DNS設定」をクリックします。

STEP.2:DNS設定変更

「DNS設定」画面で、「MX」レコードに表示されているドメイン名部分をクリックして下さい。


下記のMXレコード修正画面になりますので、ここで、現在のMXレコード優先度を落とします。
数値が多いほど優先度が低くなります。
例として、ウィルスチェックサービスのMXレコードの方が優先度が高くなるように、既存のMXレコードは「30」に設定します。


既存のMXレコードの優先度を下げて「OK」ボタンをクリックすると、画面上に下図のような表示が行われます。
ウィルスチェックサービス用のMXレコードを追加しますので、まだこの段階でDNS情報の更新は行いません。


下図の「レコードを追加」をクリックして下さい。



「レコード追加」の画面では、下図のように入力して下さい。
レコードタイプ MX
メールドメイン 無記入
メールエクスチェンジサーバ vs.mailsystems.net
メールエクスチェンジサーバの優先度 10

入力後、「OK」ボタンをクリックして下さい。


下図のように、追加・変更したMXレコードの部分に「!」マークが表示されており、上部には注意メッセージが表示されています。
追加・変更したMXレコードは、この段階では、まだDNSサーバーに反映されていません。
DNSサーバーに反映させるために、下図の「更新」をクリックして下さい。


すると、下図の様に上部メッセージ表示部分が変更されます。
さらに、追加したDNS情報をゾーンに適用させるために、下図の「DNSテンプレートの変更を適用する」をクリックします。


上部メッセージが下図のようになります。
以上で、ウィルスチェックサービスのMXレコードへの変更が完了しました。
ご利用接続環境から、ウィルスチェックサービス経由での受信が確認できるのは、およそ24時間後からになります。


以上でウィルスチェックサービスの設定は完了です。

ページの先頭へ戻る