サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

03) メール転送の設定

作成したメールアドレスに転送設定を行うことが可能です。

メール転送設定が可能なのは、以下のユーザになります。
該当のメールアドレスユーザ自身
Pleskのadminユーザ
該当ドメインのWebMasterユーザ(設定されていれば)
以下、それぞれのユーザ権限でのメール転送設定方法をご案内いたします。

該当メールアドレスユーザ自身でメール転送設定

メールアドレスユーザ自身で、メール転送設定を行うには、メールアドレス情報で Pleskにログインします。
ログインすると、以下の画面が表示されます。
この画面の「メールアカウント設定の変更」をクリックして下さい。


すると、下図のような画面になります。
ここで、「転送」タブをクリックします。


以下の画面でメール転送を設定します。

「メール転送を有効にする」にチェックをいれて、その下のボックス内に、転送先に設定したメールアドレスを入力します。
複数の転送先を設定したい場合は、改行、スペース、コンマ、またはセミコロンで区切りをいれて下さい。

転送先メールアドレスの入力が完了したら、「OK」ボタンを押して下さい。
以上で、メール転送設定が完了です。


adminユーザでメール転送設定

adminユーザでメール転送設定を行う場合は、以下の「メール」タブをクリックします。
すると、下図のように設定済みメールアドレスが一覧表示されます。
この一覧表示の中で、メール転送を設定したいメールアドレスをクリックします。


すると、下図のような画面になります。
ここで、「転送」タブをクリックします。


以下の画面でメール転送を設定します。

「メール転送を有効にする」にチェックをいれて、その下のボックス内に、転送先に設定したメールアドレスを入力します。
複数の転送先を設定したい場合は、改行、スペース、コンマ、またはセミコロンで区切りをいれて下さい。

転送先メールアドレスの入力が完了したら、「OK」ボタンを押して下さい。

以上でメール転送設定が完了し、メールアドレス一覧の画面に戻ります。
メール転送設定完了後、下図のように転送設定が行われている旨の表示が追加されています。

上記は転送先を複数設定している為、「(さらに 1)」という追記が表示されています。


WebMasterユーザでメール転送設定

WebMasterユーザでPleskにログインし、以下の「メール」タブをクリックします。
すると、下図のように設定済みメールアドレスが一覧表示されます。
この一覧表示の中で、メール転送を設定したいメールアドレスをクリックします。

すると、下図のような画面になります。
ここで、「転送」タブをクリックします。


以下の画面でメール転送を設定します。

「メール転送を有効にする」にチェックをいれて、その下のボックス内に、転送先に設定したメールアドレスを入力します。
複数の転送先を設定したい場合は、改行、スペース、コンマ、またはセミコロンで区切りをいれて下さい。

転送先メールアドレスの入力が完了したら、「OK」ボタンを押して下さい。

以上でメール転送設定が完了し、メールアドレス一覧の画面に戻ります。
メール転送設定完了後、下図のように転送設定が行われている旨の表示が追加されています。

上記は転送先を複数設定している為、「(さらに 1)」という追記が表示されています。


ページの先頭へ戻る