サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

03) phpPgAdminインストール

STEP 1: phpPgAdminのソースを入手する

http://phppgadmin.sourceforge.net/doku.phpにアクセスし、Downloadをクリックしてください。

zip形式のソースをクリックし、ダウンロードします。

STEP 2: phpPgAdminのソースをwebディレクトリにアップロード

サーバーにFTP接続を行い、phpPgAdminのソースをアップロードします。
webディレクトリは/httpdocsになります。

FTP接続方法に関しては01) WebディレクトリへのFTP接続を参考ください。

STEP 3: sshで接続し、サーバーで設定を行う

ここからの作業はサーバーにssh接続し、行ってください。

該当ディレクトリに移動
# cd /var/www/vhosts/対象のドメイン名/httpdocs/

phpPgAdminのソースを解凍
# unzip phpPgAdmin-xxx.zip

解凍したディレクトリ名を変更
# mv phpPgAdmin-xxx phpPgAdmin

オーナー権限変更
# chown -R ユーザーID:psacln phpPgAdmin

該当ディレクトリに移動
# cd /var/www/vhosts/対象のドメイン名/httpdocs/phpPgAdmin/conf

configファイルを編集
# vi config.inc.php

■編集前
$conf['servers'][0]['host'] = '';

$conf['servers'][0]['defaultdb'] = 'template1';

$conf['extra_login_security'] = true;

■編集後
$conf['servers'][0]['host'] = 'localhost';

$conf['servers'][0]['defaultdb'] = 'postgres';

$conf['extra_login_security'] = false;
http://ドメイン名/phpPgAdmin/
アクセスしブラウザで動作するか確認してください。

無事上記のような画面が表示されればインストール完了です。

設定後ブラウザでアクセスするとphpが実行されずにダウンロードされてしまう場合、 phpの実行許可をしていない可能性が考えられます。
05) CGI、PHPの実行許可についてのマニュアルを参考に php実行の許可をお試しください。

ページの先頭へ戻る