サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) 独自SSL

RSシリーズでは、SSL (Secure socket layer) セキュア機能をサポートしています。
この機能によりユーザーのブラウザとウェブサイトの間での情報が保護されます。
共用のSSL認証の他、独自認証がご利用いただけます。

※独自SSLは、https://ssl.お客さまのドメイン名/ でのご利用となります。

グローバルサインのSSLを利用する場合

グローバルサインを認証機関として利用する場合 ご利用可能になるまでのおおまかな流れは以下となります。

グローバルサイン独自SSL取得オプションのお申し込みをします。

弊社にてCSRを発行後、グローバルサインへ申請を行います。

グローバルサインよりお客さまにSSLの承認依頼のご連絡がメールで届きますので、内容に問題がなければ、承認をお願いいたします。

グローバルサインより証明書が発行されますので、弊社にてサーバにインストールを実施いたします。

尚、証明書のインストールには、2〜3営業日程度かかります。

詳細な手順につきましては「独自SSL(グローバルサイン) お申込み・更新の流れ」をご確認ください。

グローバルサイン以外のSSLを利用する

Verisign等、その他の認証局の独自認証をオプションにてご利用いただくことが可能です。 SSL の独自認証は、以下の手順にて発行されます。

CSR の発行(弊社にて行います)

アカウントマネージャーよりご依頼ください。
CSRの設定完了後、お客さまにメールにてお知らせいたします。

※ お客さまによる申請漏れや誤入力などでのCSRの再発行は 承ることができません。再度新規にオプション申し込みを行っていただく必要がございます。

認証機関への申し込み(お客さま)

発行されたCSRを元に、認証機関へ申し込みを行います。
認証局にお客さまよりSSLの申請を行ってください。(弊社ではこの申請作業の代行は行いません)
なお、証明書の発行方法や発行料金に関しましては、各認証機関へお問合せください。

証明書の発行(認証機関)

認証局より必要な認証情報が送られてきましたら、メールにて弊社へコピーを転送してください。

証明書のサーバへのインストール(弊社にて行います)

お送りいただきました証明書を、弊社サーバへインストールいたします。

※証明書のインストールには2〜3日程度かかります。
証明書のサーバへのインストールが完了いたしますと、お客さまのドメイン名にて SSL を使用することが可能です。

証明書のインストール完了後、お客さまにメールにてお知らせいたします。

ページの先頭へ戻る