サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

MySQLの設定

コントロールパネルおよびDBManagerを使用し、MySQL4データベースをMySQL5へ移行する手順を説明します。

移行手順

MySQL4データベースをMySQL5へ移行するには、下記の作業が必要となります。

1. MySQL4データベースのバックアップ
2. MySQL4からMySQL5へのデータベースのバージョンアップ
3. バックアップファイルの修正
4. MySQL5データベースへのバックアップファイルのリストア

MySQL4データベースのバックアップ

ここではMySQL4データベースのバックアップ方法を説明します。

1. DBManagerにログインし、左メニューの [databaseのバックアップ]をクリックします。

2. [ダンプファイルをダウンロードする]を選択し、[開始]を押してバックアップファイル(ダンプファイル)をPCへダウンロードします。

【ご注意】

ダンプファイルのサイズが200MB以上となる場合は直接PCにダウンロードできません。
一旦ウェブ領域へ保存し、その後FTPツール等を用いてPCにダウンロードしてください。

バックアップファイルの修正

ダウンロードしたバックアップファイル(ダンプファイル)をMySQL5のダンプファイルとなるよう、お客さま自身で修正します。

【ご注意】

  • ダンプファイルの修正方法に関してはサポート範囲外です。
  • ダンプファイルの修正はお客さまの責任の上、実施していただくようお願いします。
  • ダンプファイルを修正したことによる直接的または間接的に生じた損失に関し、弊社は一切責任を負いません。

MySQL4からMySQL5へのデータベースのバージョンアップ

コントロールパネル上でMySQL4からMySQL5へバージョンアップします。

1. コントロールパネルへ[契約者]または[ドメイン管理者]でログインし、[ユーティリティ]>[データベース設定]画面を開きます。バージョンアップしたいデータベースの[バージョンアップ]欄にある[実行]をクリックします。

2. バージョンアップ後のデータベースに設定するパスワードを入力し、[バージョンアップ]をクリックします。

【ご注意】

  • バージョンアップの際、データベース内のデータはすべて削除されます。
  • 前のバージョンに戻すことはできません。
  • データベースサーバが変更になります。(データベース名は変わりません。)
  • データベースへの接続時に、ポート番号の指定が必要となります。

3. バージョンアップの完了画面が表示されます。

MySQL5データベースへのバックアップファイルのリストア

お客さまが修正したバックアップファイル(ダンプファイル)をDBManager上でリストアします。

1. DBManagerにログインし、左メニューの [databaseのリストア] をクリックします。

2. リストアするバックアップファイル(ダンプファイル)のパスを入力、もしくは[参照]からファイルを選択し、[送信]をクリックします。

【ご注意】

ダンプファイルのサイズが10MB以上の場合はリストアできないことがあります。

3. 表示されている[データベース名]を確認し、[開始]をクリックします。

4. リストアの開始画面が表示されます。[詳細]をクリックすると、リストアの進行状況が確認できます。

5. 上記[詳細]もしくは左メニューの [databaseのリストア]メニューをクリックし、リストアが完了すると下記の完了画面が表示されます。

【ご注意】

ダンプファイルのサイズによっては処理に時間がかかる場合があります。

ページの先頭へ戻る