サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

04) Windows Live メール2011の設定

Windows LiveメールはWindows7およびWindows8向けのアプリケーションパッケージWindows Live Essentials 2011の一部として提供されています。あらかじめMicrosoft社のホームページからダウンロード、セットアップが必要です。

STEP1 設定情報の確認

コントロールパネルにログインし、メールアドレス、POP3サーバーまたはIMAPサーバー、SMTPサーバーの情報を確認します。

STEP2 Windows Live メールの起動

Windows Liveメールを起動すると、[ホーム]タブが選択された状態で起動します。メール設定がされていない場合、STEP3のアカウント設定画面が表示されます。

既にメール設定がされている場合は、[アカウント]タブをクリックし、[@+電子メール]ボタンをクリックします。

STEP3 電子メールアカウントの追加

表示名、メールアドレス、パスワードを設定し、[次へ]をクリックします。

電子メールアドレス メールアドレス
パスワード メールアドレスのパスワード
パスワードを保存する チェックを入れます
表示名 お名前や会社名(このメールを受け取る側の、メールの送信者欄に表示されます。)
手動でサーバーを設定する チェックを入れます

STEP4 サーバー設定を構成

メールサーバー等の設定を入力し、[次へ]をクリックします。
※IMAP接続は、レギュラー、プロプランをご利用のお客さまのみ設定可能です。

[POP接続される場合の設定]
【受信サーバー情報】
サーバーの種類 POP
サーバーのアドレス POP.ドメイン名
(サーバー移行中の方はIPアドレスを入力)
ログオンユーザー名 メールアドレス

【送信サーバー情報】(POP、IMAP設定時ともに送信サーバー設定は共通です。)
サーバーのアドレス SMTP.ドメイン名
(サーバー移行中の方はIPアドレスを入力)
ポート 587
認証が必要 チェックを入れます
[IMAP接続される場合の設定]
【受信サーバー情報】
サーバーの種類 IMAP
サーバーのアドレス imap.ドメン名(サーバー移行中の方はIPアドレスを入力)
ログオンユーザー名 メールアドレス

STEP5 設定の終了

[完了]をクリックし、設定を終了します。

以上で設定は完了です。メールの送受信をお試しください。

ページの先頭へ戻る