サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

03) Thunderbirdの設定

Thunderbirdの設定

メールソフトへの設定を行う事前準備として、[メールソフトへの設定内容確認]の項目もご確認ください。

フリーソフト:Mozilla Thunderbird

 

STEP1:Thunderbirdの起動

[新しいアカウント作成:]の[メール]をクリック。

STEP2:新しいアカウントを設定する

[新しいメールアドレスを使いたい方]の画面が出るので[メールアカウントを設定する]をクリック。

STEP3:基本情報の記入

[あなたのお名前]、[メールアドレス]、[パスワード]を入力して[続ける]をクリック。

あなたのお名前(N) 使用者のお名前や企業名などを入力(日本語登録が可能です)
メールアドレス(L) 設定するメールアドレスを入力
パスワード(P) コントロールパネルで設定したメールアドレスのパスワードを入力
パスワードを記憶する(M) チェックを入れてください

STEP4:手動設定

画面左側にボタンが表示されたら[IMAP(リモートフォルダ)]または[POP(メールをコンピュータに保存)]にチェックを入れて[手動設定]をクリック。
※IMAP接続は、レギュラー、プロプランをご利用のお客さまのみ設定可能です。

[POP接続される場合の設定]
[IMAP接続される場合の設定]

STEP5:アカウント情報の登録

ユーザ名:受信サーバの欄はメールアドレスを設定してください。
※初期状態では、@より後ろ部分が入ってない状態になっています。
送信サーバの認証方式を[暗号化されたパスワード認証]に変更します。

[POP接続をされる場合]
[IMAP接続をされる場合]

STEP6:(POP接続のみ)警告画面の確認

IMAP接続の場合にはSTEP7に進みます。
ThunderbirdではSSL利用を推奨しているため、SSLを利用しない場合は警告画面が表示されます。
 [接続するうえでの危険性を理解しました]にチェックを入れて[完了]をクリックすると、STEP7に進みます。
暗号化させる場合には、[設定変更]ボタンをクリックすると、STEP5で設定した画面が表示されますので、受信サーバの設定をSSL/TLSに設定を変更のうえ、再度[完了]をクリック。


STEP7:確認

 メールアカウントが追加されていることを確認します。

※念のため、自分から自分宛てに送信などのテストを行って、正しく設定できているかご確認ください。

既存の設定変更や削除をする

パスワード以外の変更を行う場合

STEP1:メニューバーのメールアドレスをクリック後、[このアカウントの設定を表示する]をクリック。

STEP2:左側メニューの[サーバ設定]をクリックし、各種情報を修正します。

STEP3:変更後、左側メニューの[送信(SMTP)サーバ]をクリックし、対象サーバを選択して[編集]をクリック。

STEP4:各項目を修正して[OK]をクリックして変更完了となります。

STEP5:SMTPサーバ設定の画面が消えるので[OK]をクリックして完了となります。

※変更設定が終わったら、テスト送受信を行っていただくことをお勧めいたします。

パスワードを変更・修正する場合

STEP1:メニューバーの[ツール]の[オプション]をクリック。

STEP2:メニューの中から、[セキュリティ]の[パスワード]と進み、[保存されているパスワード]をクリック。

STEP3:保存されているパスワードの変更はできないため、いったん削除します。
pop、smtpの両方を選択して[削除]をクリック。

STEP4:削除完了後に[閉じる]をクリックし、オプション画面の[OK]をクリックし、一度Thunderbird自体もいったん終了させます(閉じます)。



STEP5:再度Thunderbirdを立ち上げるとパスワードの入力画面が出ますので、パスワードを入力し[パスワードマネージャにこのパスワードを保存する]にチェックを入れて、[OK]をクリックして完了です。

メールアドレスを削除する場合

STEP1:メニューバーの[ツール]から、[アカウント設定]をクリック。

PlanManager

STEP2:対象のメールアドレスを選択して、左下の[アカウント操作]から[アカウントを削除]をクリック。

STEP3:確認画面が出ますので、削除するメールアドレスに間違いないか確認してから[OK]をクリック。

STEP4:対象メールアドレスのsmtpサーバ情報も同様に削除し、[OK]で閉じます。



STEP5:左側のメニューからメールアドレスが削除されていることが確認できます。

※メールアドレス自体が不要の場合には、コントロールパネルにて[ユーザーの削除]も行ってください。

ページの先頭へ戻る