サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) メールソフトへの設定内容確認

メールソフトの設定を行うために必要な情報を確認します。コントロールパネルログイン画面へアクセスしてください。

ログイン画面では、「ドメイン名」「ログインID」「パスワード」が必要です。
ログインID、パスワードはコントロールパネルで作成したユーザー名と、その際設定したパスワードを入力してください。

パスワードが不明な場合は契約者アカウントでログインしましょう。ユーザー管理のメニュー中の「ユーザー編集」から該当のユーザー名に対する「編集」ボタンをクリックするとパスワードの確認、変更を行うことができます。)ログイン画面の入力例は以下を参考にしてください。

ログインの情報は、ご利用のドメイン名と、ユーザー登録を行った際に作成した「ユーザー名」「パスワード」を入力してください。

ログイン後、左側メニューの「個別ユーザー管理」より「ユーザー情報」をクリックし、右側「メール情報」の項目の内容をもとにメールソフトの設定を行います。

メールアカウント( ログインネーム、ログインID、アカウント名、ユーザー名 )

メールソフトにある「メールアカウント」の項目には、以下のようにメールアドレスの形式で入力してください。
※ご利用のメールソフトにより「ログインネーム」「ログインID」「アカウント名」「ユーザー名」と表記される場合がございます。

ユーザー名@ドメイン名

例)ユーザー名が「info」の場合
info@example.com

パスワード

パスワードはユーザー登録時に作成したパスワードを入力してください。

例)パスワードが「Info01」の場合、
Info01

受信サーバー( POPサーバー名 )

「受信サーバー」「POPサーバー名」は、以下のように入力してください。

pop.ドメイン名

例)ドメイン名が「example.com」の場合
pop.example.com

送信サーバー( SMTPサーバー名 )/ SMTP AUTHの設定

「送信サーバー」「SMTPサーバー名」は、以下のように入力してください。

smtp.ドメイン名

例)ドメイン名が「example.com」の場合
smtp.example.com

SMTP AUTHの設定方法は、メールソフトによって異なります。
ご利用のメールソフトの弊社のガイドをご覧頂くか、メールソフトに付随しているヘルプドキュメントなどでご確認いただけますようお願い致します。
以下では、Outlook2013での設定方法についてご案内致します。
Outlook2013の場合、SMTP AUTHの設定は、アカウント設定画面の「詳細設定」から設定が可能です。

「詳細設定」ボタンをクリックすると、下図ウィンドウが開かれますので、「送信サーバー」のタブをクリックして下さい。
「送信サーバー」タブの画面にある「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れて下さい。

次に、「送信サーバー」タブのとなりの「詳細設定」タブをクリックします。
この画面にある「送信サーバー(SMTP)」を、587に変更し、「OK」ボタンをクリックすると、SMTP AUTHの設定が完了です。

次に、『詳細設定』のタブで、『送信メール(SMTP)(O):』を587に変更し、『適用』ボタン選択後、『OKボタン』を選択して閉じることで設定が完了となります。

接続できない場合

上記内容を入力することでメールアドレスを使用することができますが、ドメインの状態で接続できない場合があります。その場合はコントロールパネルのユーザー情報 POPサーバーの欄に記載されている(211..........)というカッコ内の数字を上記で設定したサーバー名に再度入力してください。それでも接続できない場合は、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。

その他、メールソフトの設定方法につきましては各メールソフトのマニュアル等をご参照ください。

ページの先頭へ戻る