サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

07) WinSCPでのFTP接続設定方法

WinSCPについて

WinSCPは、コンピュータ間でデータのやりとり行う事ができます。

STEP1 WinSCPのインストール

WinSCP公式サイトの[ Download ]から「Installation package」を入手して下さい。
入手後にダブルクリックする事でインストールが始まります。
インストール方法については、公式サイトをご参照下さい。

STEP2 WinSCPの起動

インストールが完了すると、デスクトップに以下のようなアイコンが作成されています。

アイコンをダブルクリックすると、WinSCPが起動し、ログイン画面が表示されます。

STEP3 セッションの作成と保存

FTP接続を行うセッションを作成します。
FTP接続情報を入力します。

[ホスト名] ftp.ドメイン名 例)ドメイン名がexample.comの場合「ftp.example.com」
[ユーザ名] ユーザ名@ドメイン名 例)ユーザ名がadminの場合「admin@example.com」
[パスワード] ユーザのパスワードを入力します。

次に、[プロトコル]を[FTP]に変更します。

このセッションを保存する為、[保存]ボタンをクリックします。

[保存]ボタンをクリックすると、確認ウィンドウが表示されます。
ここで入力した保存名が、セッション名になります。
自動的に「ユーザ名@ホスト名」で入力されていますが、管理しやすいものに変更する事が可能です。
確認後、[OK]ボタンを押して下さい。

[パスワードを保存]にチェックを入れないままでセッションを保存しますと、FTP接続を行う度に
パスワードを要求されます。
セキュリティを考慮し、このまま[パスワードを保存]にチェックを入れない設定を推奨させていただきます。

STEP4 セッションへのログイン

セッションの保存が完了すると、[保存したセッション]に、登録したセッション名が表示されます。

セッション名を選択した状態で、[ログイン]ボタンを押すと、パスワード入力が画面が表示されます。

パスワードを入力し、[OK]ボタンを押すと、FTP接続が行われます。

STEP5 FTP接続と操作

FTP接続が完了すると、下図のような画面表示になります。
左側にローカルPC、右側に接続先サーバーが表示されます。

この画面から、必要データをサーバーにアップロードする操作が可能です。
操作方法の詳細につきましては、公式サイトをご参照下さい。

ページの先頭へ戻る