サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) ファイルアップロードガイド

STEP1 アカウントを作成

契約者アカウントにて、コントロールパネルへアクセスし、ドメイン管理者またはサイト管理者のユーザーを作成します。
ユーザーの作成方法については、コントロールパネルガイドをご覧下さい。

STEP2 FTP接続

FTPソフトにて接続しファイルをアップロードします。
※FTPに必要な情報は、該当ユーザーでコントロールパネルへログイン後、「個別ユーザー管理」内の「ユーザー情報」にて確認ができます。

FTPソフトの設定例は、以下の通りです。
<ドメイン名で接続できる場合>
FTPサーバー名 :ftp.お客さまのドメイン名
FTPアカウント名:FTPアカウント( ユーザー名@ドメイン名 )
FTPパスワード :該当ユーザーのパスワード
<ドメイン名で接続できない場合>
FTPサーバー名 :FTPサーバーのIPアドレス
FTPアカウント名:FTPアカウント( ユーザー名@ドメイン名 )
FTPパスワード :該当ユーザーのパスワード

「ドメイン管理者」の権限で接続した場合は、サーバー内の「www.お客さまのドメイン名」というフォルダが表示されます。
ファイルは、「www.お客さまのドメイン名」のフォルダの中にアップロードします。
「サイト管理者」の権限で接続した場合は、「www.お客さまのドメイン名」というフォルダの中身が表示されます。
「一般ユーザー」の権限で接続した場合は、該当ユーザーに割り当てられたサーバー内のフォルダの中身が表示されます。

※FTPソフトの設定方法に関しては、活用ガイドをご覧ください。

STEP3 アップロードしたファイルを確認

アップロードしたページが表示されるか確認します。
<ドメイン名で接続できる場合>
http://お客さまドメイン名/ へアクセスし表示をご確認ください。
<ドメイン名で接続できない場合>
RSシリーズでは、プレビューサーバーの機能を利用することで、ドメイン名で接続できない場合でも表示を確認することができます。
プレビューサーバーを使った確認方法については、コントロールパネルガイドをご覧ください。
なお、プレビューサーバーを利用して表示を確認する場合には、画像のリンク先は相対パスで指定していない場合は表示されませんのでご注意ください。

RSシリーズは、契約者アカウントではFTP接続はおこなえません。
ウェブサイトを運用するためには、コントロールパネルより 「ドメイン管理者」または「サイト管理者」のユーザーを作成してください。

ページの先頭へ戻る