サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

07) データベース設定

【注意】

データベースは、無料にてご利用可能ですがお申し込みが必要となります。
アカウントマネージャーにログインのうえオプションをお申込みください。

データベースの設定

データベースのお申込完了後に、[新規データベースを作成]のボタンが表示されます。
※データベースのお申込が行われていない場合は、[新規データベースを作成]のボタンは表示されませんので、ご注意下さい。
以下の手順は、データベースのお申込が完了した後での操作のご案内になります。

STEP1 [新規データベースを作成]をクリックします。

STEP2 各項目を入力後、[作成]ボタンをクリックします。

データベース データベースの種類が表示されます。
コメント 省略可能ですが、用途などを記載することが可能です。
パスワード データベースのパスワードを設定します。
※WordPressなどのCMSの設定時に必要となりますので、控えておいてください。

STEP3 設定が完了したらデータベース情報が表示されますので、[OK]をクリックします。

STEP4 一覧に、追加設定したデータベースが表示されます。

パスワード、使用ドメインの変更

データベースのパスワード確認や変更、使用ドメインの指定の変更ができます。

STEP1 対象データベースの右側の[編集]ボタンをクリックします。

STEP2 使用ドメイン、コメント、パスワードの編集が可能です。編集が完了したら、[設定の保存]ボタンをクリックします。

※確認のみで変更を行わなかった場合には、[戻る]ボタンをクリックして戻ることが可能です。

STEP3 変更完了画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックして、一覧画面に戻ります。

(1) データベース

ご利用されているデータベース(PostgreSQL、MySQL)が表示されます。

(2) データベースサーバー

データベースのサーバー名が表示されます。

(3) ポート番号

データベースが使用しているポート番号が表示されます。
※MySQLバージョン4ではポート番号は表示されません。

(4) データベース名(接続ユーザー名)

データベース名が表示されます。
接続ユーザー名は、データベース名と同じになります。

(5) DBMaanger

データベースの管理画面に接続されます。

(6) コメント

編集画面にて追加したコメントが表示されます。

(7) 編集

コメントの追加や、パスワードの変更を行う画面に移動します。
お客さまがご利用されているデータベース(PostgreSQL、MySQL)の接続ユーザーのログインパスワードを忘れてしまった場合、こちらで新たにパスワードを設定することができます。

ページの先頭へ戻る