サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

05) メールフィルター設定(登録/設定)

対象権限 : [ ドメイン管理者]・[ サイト管理者 ]・[ 一般ユーザー ]

関連メニュー

メールフィルターを登録することで、お客さまが受信したメールを条件に応じて転送、 自動削除、エラーメール返信することができます。
迷惑メールフィルターが登録されている場合、登録するメールフィルターは迷惑メールフィルターの後に処理されます。 メール自動返信が登録されている場合、メールフィルターの適用順序が以下のように変更されます。
メール転送は行なわれませんので、ご注意ください。

  • 迷惑メールフィルター
  • 動作が"自動削除する"、"エラーメールを返す"のメールフィルター
  • メール自動返信
メールフィルターは、設定された適用順序に従って処理されます。

(1) プロファイル名

メールフィルターに名前を付けます。
プロファイル名は、登録されたメールフィルターを管理する上での便宜上のもので、設定には反映されません。

(2) 条件が全てのメール

受信した全てのメールにこのメールフィルターを適用します。
"全てのメール"を選択した場合、適用順序がこのメールフィルターより後のメールフィルターは適用されません。

(3) 条件がメールのサイズ

受信したメールのうち、メールのサイズが設定されたサイズ以上、または以下のものにこのメールフィルターを適用します
サイズはKBで指定し、設定されたサイズと比較して"以上"か"以下"かを選択してください。

(4) 条件がメールのヘッダー

受信したメールのヘッダと設定された文字列の比較結果に従ってこのメールフィルターを適用します。 まず、比較するメールのヘッダを選択します。 目的のヘッダーがない場合、"その他"を選択し、括弧内のテキストエリアに"X-Mailer:"等のように入力してください。 2行目のテキストボックスには、ヘッダーの文字列の中で一致させる文字列を"ABC Mailer"のように入力します。 日本語も入力できます 入力した文字列がメールヘッダーのどこに一致するのかを、2行目のリストから選択してください。

(5) 動作が自動削除する

条件に一致したメールを自動的に削除する場合に選択します。受信したメールをサーバーへ保存しないで破棄します。

(6) 動作がエラーメールを返す

条件に一致したメールの送信者にエラーメールを返信する場合に選択します
受信したメールの送信者へエラーメールを送信し、受信したメールはサーバに保存されません。

(7) 動作がメールを転送する

条件に一致したメールを指定されたメールアドレスへ転送します。転送先メールアドレスは1件以上入力してください。受信したメールを転送し、そのメールをサーバーに残しておきたい場合は、"メールをメールボックスに残す"をチェックしてください。

ページの先頭へ戻る