サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) Perl と Perlモジュール

RV-3シリーズにはPerl 5.6.1がインストールされています(2005年11月時点)。
※バージョンはサーバーのご契約時期により異なることがあります。


Perlのパス

Perl を使用するには、以下のパスを指定してください。
/usr/local/bin/perl


Perlのバージョン

以下のコマンドでご確認いただけます。
# perl -v

This is perl, v5.6.1 built for i386-freebsd

Copyright 1987-2001, Larry Wall

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using `man perl' or `perldoc perl'. If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.com/, the Perl Home Page.


Perlのバージョンアップ

※Perlのバージョンアップをされた場合、弊社からご提供した状態ではなくなるため、その後のサーバーおよびプログラムの動作については保証できかねます。Perlのバージョンによっては、Perl言語の利用方法が異なる場合があります。このため、旧バージョンで動いていたPerlプログラムが、バージョンアップした際に正常動作しなくなることがあります。Perlのバージョンアップにより、ご利用中のPerlプログラムの動作に影響が生じる可能性がありますことを、あらかじめご承知おきください。

※vコマンドはPerlを利用して実行しておりますので、お客さまでソースからのPerlインストールを行われた場合、vコマンドの利用ができなくなりますのでご注意ください。

vinstallコマンドによりPerlのバージョンアップが可能です。バージョンは、Perl 5.8.4 、Perl 5.8.6 となります。
vinstallによるPerl のバージョンアップのコマンドは以下のとおりです。
# vinstall perl5.8.4
または
# vinstall perl5.8.6


Perl モジュール

サーバーにインストールされているPerl5.6.1 に標準で付属している Perlモジュールは、以下の2つのディレクトリにインストールされています。
/usr/local/lib/perl5/5.6.1
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.6.1/i386-freebsd


Perl モジュールのインストール

以下のご案内は、サーバの初期状態から作業を行った場合を想定した、一般的なインストールの例です。Perlモジュールやサーバの設定状態によっては結果が異なることがあり、別途調整が必要な場合もございます。Perlモジュールのインストールについては、サポートおよびその後のサーバーの動作保証を行っておりませんので予めご了承ください。

Perl モジュールのインストールは、以下の2種類の方法があります。



Perl モジュールのソースからのインストール

※ソースからインストールされる場合は、付属のドキュメントや配布サイトから情報を取得してください。

サーバーにSSHで接続をし、suコマンドにてrootユーザーに変更します。
任意のディレクトリにソースファイルを設置後、以下のコマンドを実行してください。
赤文字は入力するコマンド、<Enter>はキーボードのEnterキーを押すことを示しています。

% perl5 Makefile.PL <Enter>
% make <Enter>
% make test <Enter>
% make install <Enter>


cpan を使った Perl モジュールのインストール

cpanとは、プログラミング言語「Perl」で利用できるコマンドで、Perl用に開発されたモジュールを自動的にダウンロードしてサーバにインストールすることができる便利なコマンドです。
初めてcpanコマンドを利用する際には、cpanの利用設定を行う必要があります。以下のコマンドを実行してcpanの設定を行ってください。

# perl -MCPAN -e shell <Enter>

上記コマンドを実行すると、以下のようなメッセージが表示されます。

/usr/local/lib/perl5/5.6.1/CPAN/Config.pm initialized.

CPAN is the world-wide archive of perl resources. It consists of about
100 sites that all replicate the same contents all around the globe.
Many countries have at least one CPAN site already. The resources
found on CPAN are easily accessible with the CPAN.pm module. If you
want to use CPAN.pm, you have to configure it properly.

If you do not want to enter a dialog now, you can answer 'no' to this
question and I'll try to autoconfigure. (Note: you can revisit this
dialog anytime later by typing 'o conf init' at the cpan prompt.)

Are you ready for manual configuration? [yes]

上記の部分で、「no」を入力すると、cpan設定が自動的に行われます。
「yes」を入力した場合、いくつかの質問に手動で答えながら設定を行う事になります。
ご自身の利用方法に沿った方法で設定を行って下さい。
設定がよくわからない場合は、「no」でインストールを完了させても問題ありません。

上記のcpan設定が完了すると、次回から上記コマンドを入力した際には、以下のようにcpanモードになります。
※cpanモードは、exitで終了します。

# perl -MCPAN -e shell <Enter>

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.59_54)
ReadLine support available (try 'install Bundle::CPAN')

cpan>

cpanモードの状態で、perl モジュールのインストールが可能です。
以下のようにコマンドを入力し、希望のPerl モジュールをインストールします。

cpan> install モジュール名

例)DBIモジュールのインストール
cpan> install DBI

cpanが自動的に、web上に存在している該当モジュールのソースを取得し、サーバにインストール・展開を行ってくれます。
※ご利用サーバの設定状態や、インストールするモジュールによっては、サーバ設定の干渉やモジュール同志の干渉が発生し、インストールが完了しない場合がございます。その場合は、cpanのインストールログ内に、必ずインストールが完了しない原因についてのメッセージが表示されますので、ご参照の上ご対応ください。

Perlモジュールのインストールは、サーバの発展的な活用方法であり、利用方法によって多くの設定方法がございます。また、Perlモジュールは、世界中の有志により常に開発が行われており、その全てを把握するのは非常に難しく、モジュール同志が干渉しあう仕組みの「あるモジュールをインストールする為に必要なモジュール」という設定のもの等、モジュール自身の仕組みも非常に多岐にわたっております。また、サーバーの運用によってサーバーの設定状態は異なります。これらのことから、弊社では、Perlモジュールのインストール方法や設定方法については、サポートを行っておりませんので、ご了承いただきますようお願いいたします。


参考 : MobableTypeで利用するPerlモジュール

MovavleType3.2.xで必要とされているPerlモジュールの対応状況は以下のとおりです。

必須モジュール
HTML::Template インストール済み
Image::Size インストール済み
File::Spec  インストール済み
CGI::Cookie インストール済み

データ管理 モジュール
DB_File インストール済み
DBI  未インストール
DBD::mysql 未インストール
DBD::Pg 未インストール
DBD::SQLite 未インストール

推奨 モジュール
HTML::Entities インストール済み
LWP::UserAgent インストール済み
SOAP::Lite インストール済み
File::Temp インストール済み
Image::Magick 未インストール
Storable 未インストール
Crypt::DSA 未インストール
MIME::Base64 インストール済み
XML::Atom 未インストール
上記の未インストールのモジュールについては、お客さまのご利用範囲に合わせてインストールを行ってください。

cpanコマンドでのインストールについて

最も多く頂くご質問として、DBI モジュールのインストールエラーがございます。
Perl のバージョンが初期状態の5.6.1のままDBI をインストールしますと、「Can't locate Test/More.pm in @INC・・・」といった「More.pm」がインストールされていない為DBI のインストールができない、というメッセージが表示されて、インストールが完了致しません。その場合は、お客様側でMore.pmをインストールして頂く為に、cpanモードで、「cpan> install Test::More」により、More.pmをインストールして頂く必要がございます。
※perl 5.6.1でDBI のインストールを完了させる為には、他にも不足していると指摘されるモジュールがございます。それらのインストール方法については、モジュール同志の干渉を把握頂いた上で設定して頂く必要がありますので、弊社からの案内は控えさせて頂きます。インストール時のメッセージをご参照頂きながら、必要なモジュールをご確認下さい。

可能であれば、Perl のバージョンを5.8.4か5.8.6にアップグレードされる事をお薦め致します。
Perl のバージョンが、5.8.4か5.8.6にバージョンアップされれば、DBI インストールに必要なモジュールが全てインストールされた環境でご利用可能となりますので、すぐにcpanでinstall DBI が完了致します。
合わせて「Storable」「XML::Atom」も自動的にインストール済みの状態になりますので、ご利用中の他のPerlプログラムに影響がないと確認できる場合は、Perl バージョンをアップグレードされた方がよろしいかと存じます。

「Image::Magick」のインストールについては、 Portsからのインストールが便利です。

また、DBD::mysqlモジュールをcpanでインストールされる場合は、MySQLのrootパスワードを「なし」の状態にしてからインストールされると、簡単に完了するようです。



ページの先頭へ戻る