サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

VPSならラピッドサイト:ホーム  >  カスタマーサポート  >  VPSプランガイド  >  ユーザーズガイド > SSL  >  06) 共用SSL経由でのFTP,メール送受信について

06) 共用SSL経由でのFTP,メール送受信について

独自認証SSLをご利用の場合、本マニュアルページの設定は不要です。
作業は、SSH接続の上、root権限で行って下さい。

ご利用サーバーで、共用SSL経由で、FTP、メール送受信を行いたい場合、
サーバー設定の変更が必要になります。

共用SSLの証明書、秘密鍵のファイルは以下に設置されています。
証明書:/usr/local/wcert/server.crt
秘密鍵:/usr/local/wcert/server.key
共用SSLの証明書を利用して、FTPS接続、POPS・SMTPSでのメール送受信を行いたい場合は、
上記のファイルパスを利用して、設定を行っていただけますようお願い致します。

共用SSLでPOPS、SMTPSのメール送受信を行う場合

POPS・SMTPS接続を行う場合、Dovecotの設定ファイルを編集する必要があります。

編集ファイル:/etc/dovecot.conf

上記ファイルの3箇所を変更する必要があります。
【変更前】
#protocols = imap imaps pop3 pop3s

【変更後】
protocols = imap imaps pop3 pop3s
【変更前】
#ssl = yes

【変更後】
ssl = yes
【変更前】
#ssl_cert_file = /etc/pki/dovecot/certs/dovecot.pem
#ssl_key_file = /etc/pki/dovecot/private/dovecot.pem

【変更後】
ssl_cert_file = /usr/local/wcert/server.crt
ssl_key_file = /usr/local/wcert/server.key

上記のように、行頭の「#」マークを削除した後は、必ず以下のDovecot再起動コマンドを実行して下さい。
# /etc/init.d/dovecot restart

以上で共用SSL経由で、POPS、SMTPSのメール送受信が可能になります。

メールソフトに設定するPOPサーバー、SMTPサーバーは、以下の様な共用SSLのドメイン名表記になります。
管理者ユーザID.solidsystem.net

共用SSLでFTPS接続を行う場合

共用SSLを利用して、FTPS接続を行いたい場合、proftpdの設定ファイルの編集が必要です。

編集ファイル:/etc/proftpd.conf

上記ファイルの下部に、以下の記述を追加して下さい。
<IfModule mod_tls.c>
    TLSEngine on
    TLSLog  /var/log/proftpd/tls.log
    TLSProtocol SSLv23
    TLSCipherSuite ALL:!ADH:RC4+RSA:+HIGH:+MEDIUM:+LOW:+SSLv2:+EXP

    # Are clients required to use FTP over TLS when talking to this server?
    TLSRequired off

    # Server's certificate
    TLSRSACertificateFile /usr/local/wcert/server.crt
    TLSRSACertificateKeyFile /usr/local/wcert/server.key

    # Authenticate clients that want to use FTP over TLS?
    TLSVerifyClient off
</IfModule>

上記記述を行った後、再起動などは不要です。

上記設定後、FTPS接続を行う時のホスト名は、以下の様な共用SSLのドメイン名表記になります。
管理者ユーザID.solidsystem.net

以上で、共用SSL経由でのFTP,メール送受信の設定が可能になります。


ページの先頭へ戻る