サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) 独自認証SSL

独自認証SSLは、独自ドメイン名のURLのまま、SSLのデータ暗号化機能が利用できるものです。
共用認証SSLと独自認証SSLのURLの違いは以下のとおりです。

共用認証SSL
https://管理者ユーザID.securesites.net/
ご契約ドメイン名を利用することはできません。

独自認証SSL
https://ご契約ドメイン名/
独自ドメイン名を利用したURLで「http」を「https」に変更するのみです。


独自認証SSLの設定

独自認証SSLを利用するには、SSL証明書を発行する電子認証業者と契約し、SSL証明書をサーバーにインストールする必要があります。証明書(デジタルID)とは、サイトの運営者に関する情報を利用者に明示し、その正当性を証明する書類です。サイトの運営者がインターネットでの代金決済を行うことの法的根拠ともなります。
弊社のサーバーで独自認証SSLを利用する方法は、以下の3つに分かれます。


方法1) グローバルサイン社のクイック認証・企業認証SSLを利用する

高い実績を持つグローバルサイン社の独自認証SSLを設定します。
インストール作業については、こちらのマニュアルページをご確認下さい。


方法2) 申請はお客さまにて行い、サーバーへの設定は弊社におまかせ

「電子認証業者への申請」と「証明書の取得」はお客さまで行っていただき、「CSRの発行」と「証明書のインストール」を弊社にて代行します。


方法3) 申請や設定はすべてお客さまにて行う



ページの先頭へ戻る