サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

08) ウィルススキャン (Clam AntiVirus)

Clam AntiVirusの動作・仕様

Clam AntiVirus (略称ClamAV・クラムエーブイ) とは、サーバー上で動作するオープンソースのウィルスメール検知ソフトウェアです。

・メール受信時にウィルススキャンを行います。ウイルス判定されたメールは、Webメール上の「隔離メール」フォルダに振り分けられます。このメールはPCのメールソフトには受信されません。

・ウィルススキャンはメール受信時のみで、送信時には機能しません。

・Clam AntiVirusのウィルス定義は5分ごとに自動更新します。

メールアカウントへの権限付与

Clam AntiVirusを利用させたいメールアカウント(ユーザ)に、権限を付与する必要があります。
Clam AntiVirusのインストール後、管理者ユーザーでコントロールパネルにログインし、権限を付与したいユーザーの「プロパティ」をクリックします。


「メール編集設定」をクリックします。


「メールアプリケーション」の「Clam AntiVirus(ウィルスソフト)」にチェックを入れ「保存」をクリックします。

サーバーにClam AntiVirusがインストールされていない場合、「Clam AntiVirusのチェックボックスは表示されません。

設定変更後の画面が表示されます。
「メール設定」の「アプリケーション」の項目に「Clam AntiVirus」と表示されていることを確認し、「OK」をクリックします。




Clam AntiVirusの利用設定

Clam AntiVirusの権限を付与されたユーザーは、Webメールにて「ウィルススキャン」のメニューが表示されます。

設定したいユーザーにてWebメールにログインし、「フィルタリング」の「ウィルススキャン」をクリックします。
Clam AntiVirusを利用する場合は「Clam AntiVirusを適用する。」にチェックを入れ、「保存」をクリックします。


「Clam AntiVirusを適用する。」にチェックを入れ、「保存」をクリックします。



「隔離メール」フォルダを確認する

対象ユーザー(メールアカウント)でWebメールにログインし、「フォルダ管理」の「フォルダ一覧」から「隔離メール」フォルダが確認できます。


「隔離メール」フォルダ内のメールは蓄積され続けます。
自動削除の機能はありませんので、定期的に削除を行ってください。
ウェブメール機能では、消費容量の計測が正しく行われておりません。
消費容量については、ユーザーディレクトリ全体でのカウントのみになります。
管理者ユーザーIDでログイン後、「ユーザ一覧」を確認して下さい。
ユーザー自身で確認する場合は、ユーザーIDログイン後、「プロフィールの表示」から確認して下さい。
メールの振り分けフォルダ毎の消費容量計測も正しく行われておりませんので、ご了承いただけますようお願い致します。

ページの先頭へ戻る