サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

11)webmaster@のメールアドレス作成方法

メールアドレスの作成

ここでは必要最小限の設定をご案内いたします。各機能の詳細は、ご利用プランのマニュアルにてご確認ください。

コントロールパネルに管理者ユーザでログインします。
http://ドメイン名/ControlPanel/
または
http://サーバーのIPアドレス/ControlPanel/

※管理者ユーザーID・パスワードがご不明な場合は<登録メールアドレス宛>に再発行いたします。テクニカルサポートまでお問い合わせください。

左メニューの「ユーザ管理」から「エンドユーザの追加」をクリックします。


各項目を入力します。

氏名
コントロールパネル上の管理名を設定します。日本語可。

ログインID
「webmaster」以外の文字列を設定します。
例 : webmaster_main

パスワード
半角英数字8文字以上、うち数字1文字を含む文字列を設定します。

ディスク容量
ユーザに割り当てるディスク容量(メールボックス含む)を設定します。
例)10MB

エンドユーザ権限
メール権限を付与します。

ドメイン名
クイック認証SSLを申し込むドメイン名を選択します。

コメント
特に必要はありません。


「次へ」をクリックすると、以下の画面が表示されます。
メールボックス名
前の画面で設定したユーザーIDが自動設定されます。

メールアドレス
前の画面で設定したユーザーIDが自動入力されますが、「webmaster」に変更してください。

メールアプリケーション
ウェブメールにチェックを入れます。


入力内容の確認画面が表示されますので、確認し、「保存」をクリックします。


設定は以上です。


複数のドメイン(サブホスト)でクイック認証SSLをお申し込みいただく場合

ドメインごとに上記の設定でメールアドレスを作成してください。なお、ユーザーIDはそれぞれ異なる文字列を設定してください。

例)
お申し込みドメイン メールアドレス ユーザーID
maindomain.com webmaster@maindomain.com webmaster_main
subhost1.jp webmaster@subhost1.jp webmaster_sub1
subhost2.net webmaster@subhost2.net webmaster_sub2

※ユーザーIDを「webmaster」にした場合、サーバーの仕様上、「webmaster@ドメイン名」のメールは管理者ユーザーのメールボックスに配信されます。



受信メールの確認

Webメールでの確認方法をご案内いたします。
※PCのメールソフトにアカウント設定をすることで、メールソフトでも受信可能です。

上記で作成したユーザーIDとパスワードでコントロールパネルにログインします。
左上の「メール」をクリックし、Webメールの画面に移動します。


「受信箱」のメールをご確認ください。

受信箱にメールが届いていない場合は、左メニューの「フォルダ管理」から「フォルダ一覧」を開き、
「迷惑メール」フォルダをご確認ください。

迷惑メールフィルタのレベルによってはこのような誤判定が生じますが、ご容赦いただけますようお願いいたします。

ページの先頭へ戻る