サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

10) メールの振り分け機能

この機能が設定できるのは、管理者IDでログインした場合だけです。
各ユーザー毎に設定する事はできませんので、ご注意下さい。

メールアドレスの追加(メールの振り分け)

コントロールパネルから、特定メールアドレスに対する処理を設定する事が可能です。
例えば、特定メールアドレス宛に来たものについては、受信を拒否したり、別のアカウントで受信させたり、複数のアカウントで受信したり、といったメールの振り分け設定を行う事が可能です。
この時、この特定メールアドレスが、アカウントとして存在している必要はありません。

振り分けの設定は、コントロールパネルの「メールシステム」にある「メールアドレスの追加」から設定可能です。


設定できる振り分け機能は以下になります。
・不明なあて先としてエラーメールを返信
・直ちに削除
・指定したアカウント宛に送信
・指定した複数のアカウント、他のメールアドレスに送信
この機能を利用する事により、メールのアカウント数を増やさずに、特定メールアドレスに対する処理を設定する事が可能です。


メール拒否 - 不明なあて先として返信

【振り分け条件】
「test-01@ドメイン名」というメールアドレス宛に来たメールは、宛先不明としてエラーメールを返信したい。
下図のように、拒否したいメールアドレスを登録し、そのメールアドレス宛にきたメールに対して、行わせる処理にチェックして、「保存」ボタンを押します。
今回は、メール拒否になりますので、「メール拒否 - 不明なあて先として返信」にチェックを入れて、保存します。
また、この時送られてきたメールは、サーバー内には保存されません。

メール拒否を設定すると、メールを送信してきた相手に対して、以下のようなエラーメールが配信されます。
件名Returned mail: see transcript for details

本文
The original message was received at Fri, 22 Jun 2012 14:12:00 +0900 (JST)
from *****.*** [***.***.***.***]

   ----- The following addresses had permanent fatal errors -----
<test-01@*******.***>
    (reason: 553 5.3.0 <test-01@*******.***>... User unknown)

   ----- Transcript of session follows -----
... while talking to *******.***.:
>>> DATA
<<< 553 5.3.0 <test-01@*******.***>... User unknown
550 5.1.1 <test-01@*******.***>... User unknown
<<< 503 5.0.0 Need RCPT (recipient)
※「***」の部分には、ご利用ドメイン情報が表示されています。


メールの自動削除

【振り分け条件】
「test-01@ドメイン名」というメールアドレス宛に来たメールは、すぐに削除させたい。
自動削除を設定すると、送られてきたメールは、すぐに削除されます。
送信者側には、なにも連絡されません。

また、このメールは、サーバーから削除されますので、送信メール内容を確認する事はできません。


指定したアカウント宛に送信

【振り分け条件】
「test-01@ドメイン名」というメールアドレス宛に来たメールは、「rapid」というアカウントで受け取りたい。
受け取るアカウント先を「ひとつ」設定する事が可能です。
ここで設定可能なのは、ひとつのアカウントだけであり、そのアカウントは設定済みの必要があります。
この設定で送られてくるメールの宛先は、「test-01@ドメイン名」になっています。
そのままメール返信を行いますと、受け取り先のメールアカウント「rapid@ドメイン名」が、返信メールアドレスとなりますので、注意が必要です。


指定した複数のアカウント、他のメールアドレスに送信

【振り分け条件】
「test-01@ドメイン名」というメールアドレス宛に来たメールは、「rapid」「rapid2」というアカウントと、「vps@example.com」というメールアドレスで受け取りたい。
複数のアカウント、他サーバーで利用中のメールアドレス宛に送信させる事が可能です。
下図の用に、一行にひとつ記述するか、コンマで区切って登録する事が可能です。
この設定で送られてくるメールの宛先は、「test-01@ドメイン名」になっています。
そのままメール返信を行いますと、受け取り先のメールアカウント「rapid@ドメイン名」が、返信メールアドレスとなりますので、注意が必要です。

ページの先頭へ戻る