サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

03) ウェブメールへのログインと環境設定

ウェブメール機能では、消費容量の計測が正しく行われておりません。
消費容量については、ユーザーディレクトリ全体でのカウントのみになります。
管理者ユーザーIDでログイン後、「ユーザ一覧」を確認して下さい。
ユーザー自身で確認する場合は、ユーザーIDログイン後、「プロフィールの表示」から確認して下さい。
メールの振り分けフォルダ毎の消費容量計測も正しく行われておりませんので、ご了承いただけますようお願い致します。

ウェブメール機能を与えられたユーザーは、Webメールを利用することができます。

Webメールとは
ウェブブラウザ上で、メール送受信やメール管理が行えるツールです。
普段インターネットを閲覧しているウェブブラウザから操作が可能なため、PCへのメールソフトインストールや設定は不要です。
インターネットに接続されている環境があれば、いつでもどこでもメール送受信を行うことができます。


Webメールへのログイン

Webメールを利用したいユーザーのIDとパスワードでコントロールパネルにログインします。


左上の「メール」をクリックすると、Webメールの画面に移動します。





環境設定/送信メール

Webメールを利用する前に、環境設定を行うことを推奨します。

「ウェブメールオプション」から「送信メール」をクリックします。


差出人名
メールの「送信者」として受信者側にも表示される名前です。日本語、アルファベットが可能です。

初期メールアドレス
ユーザーに複数のメールアドレスを持たせている場合に、メインのメールアドレスを選択できます。

返信用アドレス
ユーザーに複数のメールアドレスを持たせている場合に、返信用のメールアドレスを選択できます。このユーザーからメールを受信した方が返信をした場合の返信先(Reply-To)となります。

エンコード
通常は「日本語(ISO)」を選択します。

送信済みメールを保存
Webメールから送信したメールを「送信済みフォルダ」に保存することができます。メール管理の観点から、保存することを推奨します。


環境設定/表示オプション

「ウェブメールオプション」から「メッセージの表示」をクリックします。


「エンコード」のリストから「日本語(ISO)」を選択し、「保存」をクリックします。

ページの先頭へ戻る