サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

17) サービス監視

コントロールパネルから、サーバーの様々なサービスについて、監視設定を行うことが可能です。
可能な監視設定は以下になります。
・起動していない場合、自動的に再起動させる。
・サービスが切断され、自動再起動された場合、連絡メールを発信する
・サーバーが再起動された場合、再起動を行った連絡メールを発信する
「サービス監視」は、サーバー筐体がダウンした場合には、機能しませんが、設定により、サーバー再起動の連絡メールを配信する事は可能です。

サービス監視の利用方法

サービス監視は、左側メニュー欄の「システム管理」の中にあります。


サービス監視は、初期状態では、下図のように「オフ」に設定されていますので、何も設定されていません。


ここでは、「サービス監視設定」と「サービスダウン通知設定」を行う事ができます。
※「PostgreSQL」のサービス監視は正しく機能いたしません。

「サービス監視設定」について
監視間隔で設定された時間毎に、各サービスの起動状況を確認し、起動していなかったら再起動を行います。

監視間隔を選択する事で、サービスを選択することができるようになります。
監視間隔は、「15分」を推奨させて頂きます。
監視間隔を短くする事で、リソースを消費し高負荷への発展が懸念されますので、「1分」は選択されないようにお願い致します。

まず、起動監視間隔(15分推奨)を選択して、次に監視を行いたいサービスにチェックを入れて下さい。
15分間隔を選択して、サービスを選択しておきますと、15分毎に、サービスが起動しているかどうかチェックを行います。
その際、サービスが停止してしまっていた場合は、再起動を行います。
この設定を行う事で、サービス停止状態をすぐに回復させる事が可能です。
推奨設定
現在、弊社では、以下の設定方法を推奨させて頂きます。
チェックの入っていないサービス監視については、不具合のある状態となっております。
上記の設定により、15分間隔で「httpd」「mysqld」「ssh」「vsapp」の起動監視を行い、停止していた場合は、再起動を行います。

サービスダウン通知設定
監視を設定したサービスについて、停止した場合に、任意のメールアドレスに、通知メールを配信させる事が可能です。
この設定は、「サービス監視設定」と組み合わせて利用する事が可能です。

「監視通知」の欄で、どのように通知配信を行うか設定可能です。
弊社では、「最大(10)回まで通知する」の、回数を限定した設定を推奨させて頂きます。
また、この通知の配信間隔は、「サービス監視」で設定した監視間隔になっています。

「server (再起動毎に通知する)」にチェックをいれた場合、サーバー再起動が行われた場合に、通知メールが配信されます。
この通知は、サーバー再起動が行われた際に配信されるのであって、サーバーが停止した場合には、通知は行われません。

必ずサービスダウン時の通知を発信するメールアドレスを設定して下さい。
また、sendmailがダウンしている時は、メールの発信が行えませんので、できるだけ、利用サーバーのドメイン名のメールアドレスではなく、外部で利用しているメールアドレスの設定をお奨めいたします。
その場合は、以下のような設定が必要です。
例】
ご利用のプロバイダから提供されているメールアドレス:user@example.com
ご利用のプロバイダから提供送信メールサーバー名:example.com
上記メールアドレスのユーザー名:user
上記メールアドレスのパスワード:●●●●●

※外部メールの登録情報は、お客さまご自身でご確認下さい。

上記設定が正しく入力され、「保存」ボタンを押すと、画面が移動し、「サービス管理」の画面が表示され、下図のように、「監視設定成功」というメッセージが表示されます。

同時に、下記のようなメールが、登録メールアドレス宛に配信されます。
件名:監視システムテストメッセージ

本文
ドメイン名の監視システムのテストメッセージです。

本システムはサービス切断、サーバ再起動をお客様に通知するシステムです。実際にサービス切断、サーバ再起動が起きた際には、本メールにてアラート情報やサービス情報をお知らせします。

本メッセージは監視システムのテストメッセージです。
上記のメールの発信者は、「root@ドメイン名」となります。

また、監視サービスが停止した際には、以下のようなメールが送られてきます。
件名:ドメイン名 監視通知:サービス名

本文
サーバドメイン名サービス名のダウンを検知しました。

監視システムによって本サービスは自動再起動いたしました。現在、本サービスは動作中となっております。
上記のメールの発信者は、「root@ドメイン名」となります。

推奨設定
現在、弊社では、以下の設定方法を推奨させて頂きます。
チェックの入っていないサービス監視については、不具合のある状態となっております。
上記の設定により、15分間隔で「httpd」「mysqld」「ssh」「vsapp」の監視を行い、停止していた場合は、通知されます。
また、「server」が再起動された場合も、通知されます。

設定の確認

設定した監視設定は、左側メニュー欄の「システム管理」の中の「サービス管理」で確認するのが、見やすいです。

どのサービスについて、自動起動の設定や、通知設定が行われているのかが、確認可能です。

ページの先頭へ戻る