サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

16) メール管理者の作成

メール管理者とは、「メールアカウント」の管理に特化したユーザーです。コントロールパネル上でのみ、その権限を利用することができます。

メール管理者でできること
・メールアカウントの追加・編集・削除
・メールアカウントのパスワード変更
・メールアカウントのディスク容量の変更
・メールアドレスの追加
・メールアドレスの転送設定

※メール管理者は、追加するユーザーに対して「メール」権限のみを付与することができます。その他の権限(FTP、ファイル管理、シェルアクセス)を付与することはできません。その他の権限を付与したい場合には、管理者ユーザーまたはドメイン管理者ユーザーにて、ユーザーを追加してください。


メール管理者を作成する

メール管理者を作成できるのは、管理者ユーザーとドメイン管理者ユーザーのみです。

コントロールパネルに管理者ユーザーでログインし、「ユーザ管理」の「メール管理者の追加」をクリックします。


必要な情報を入力し、「次へ」をクリックします。

※メール管理者ユーザーのディスク容量は、作成するユーザーとは別のカウントになります。
メール管理者ユーザーのディスク容量から割り振られるという事はありませんので、大きめに確保する必要はありません。

以下のような画面が表示されます。与えた権限により異なりますので、ご留意ください。
内容を確認し、「次へ」をクリックします。


確認の画面が表示されますので、「保存」をクリックします。



メール管理者で作業する

メール管理者でコントロールパネルにログインすると、以下のような画面が表示されます。


メールアカウントの追加

「ユーザ管理」の「エンドユーザの追加」から設定します。
下図の用に、権限を選択する項目がありません。
メール管理者に作成されたユーザーは、「メール権限のみが付与」される仕様になっている為です。
作成ユーザーにFTP権限や他の権限も与えたい場合は、作成後、管理者ユーザーで修正してください。

この画面でユーザ追加を行うとした時に、「最低一つのユーザー権限が必要です」というメッセージが表示され、ユーザー追加が完了しない場合がございます。
その場合は、ご利用のブラウザを Internet Explore に変更して作業を行ってください。
Internet Explore 以外のブラウザでは、正しい処理が行われない場合がございます。

メールアカウントの編集・削除・パスワード変更・ディスク容量の変更

「ユーザ管理」の「ユーザ一覧」を開き、対象ユーザーの「プロパティ」から設定します。



メールアドレスの追加・転送設定

「メールシステム」の「メールアドレス一覧」や「メールアドレスの追加」から設定します。

ページの先頭へ戻る