サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) ディスク容量の管理・データの削除

ここでは、ディスク容量の確認やデータの削除等、ディスク容量の管理についてご案内いたします。
ディスク使用率が上限の90%を超えた状態で運用を続けますと、サーバーの動作が不安定になり、各所で不具合が発生する恐れがありますので、定期的に管理を行ってください。


 

容量が大きくなりやすいデータ

データが不要な場合には、お客さまの任意で削除をしてください。
ファイル名・保存場所 詳細 FTPでの削除
/var/log/httpd/access_log
( /www/logs/access_log )
どちらも同じです
Webサーバーのアクセスログ。「access_log.1」「access_log.2」のように数世代保管されています。access_logファイルを削除した場合、Apacheの再起動を行ってください。 ×
/usr/local/urchin5/data/reports/ドメイン名/ アクセス解析Urchin5の解析データで、統計グラフの元となっています。ディレクトリは削除しないようご注意ください。 ×
/home/ユーザ名/Maildir/new メールボックス(未読メール)です。
/home/ユーザ名/Maildir/cur メールボックス(既読メール)です。メールソフトで「サーバーにメールを残す」設定にしている場合蓄積されます。
/home/ユーザーID/Mail/Junk 迷惑メールフィルタSpamAssassinによって振り分けられた迷惑メールです。自動削除の機能はありません。
/home/ユーザーID/Mail/Trash Webメール上の「ごみ箱」です。自動削除の機能はありません。

 

ディスク容量の確認とデータの削除/コントロールパネルでの作業

ディスク使用量が90%を超えた状態でコントロールパネルにログインしたり作業を行ったりすると、サーバー上のデータが破損する恐れがあります。ディスク使用量が大きいと考えられる場合にはSSH接続によるコマンド操作で確認をしてください。

ディスク容量の確認
コントロールパネルにサーバー管理者でログイン後、左メニューの[プロフィール]-[プロフィールの表示]をクリックしてご確認ください。



データの確認と削除
左メニューの[ファイル管理]-[ファイル一覧]をクリックします。
右上のボックスに対象のパスを入力し、[実行]をクリックします。


対象のディレクトリに移動し、ディレクトリ内のファイル・ディレクトリが表示されます。削除をしたいファイル・ディレクトリにチェックを入れ、「削除」ボタンをクリックします。




 

ディスク容量の確認とデータの削除/コマンドでの作業

コマンド操作は、稼動中のサーバーに重大な影響を与えることがございます。以下の作業は、各コマンドの意味をご理解いただいているお客さまへの参考例となります。また、各コマンドの意味や詳細につきましてはサポートできかねますので、予めご了承ください。

ディスク容量の確認
SSHでサーバにアクセスし、suコマンドでrootに変更後、下記のコマンドを実行します。
赤文字は入力するコマンド、<Enter>はキーボードのEnterキーを押すことを示しています。 )
# df -h <Enter>
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/simfs             20G  421M   20G   3% /   ←この行を確認
none                  4.0G   16K  4.0G   1% /dev
上記の場合、容量の上限が20GB、実際の使用量は421MB、使用率は3%です。

Filesystem =システム上の機器名称
Size =ディスクの全容量
Used =現在使用しているディスク容量
Avail =使用できるディスク容量
Capacity =利用している容量のパーセンテージ
Mounted on =システム上で割り当てられているディレクトリ名


データの確認と削除
/www/logs/access_logの削除を例にご説明します。
下記のコマンドで、対象のディレクトリまで移動します。
# cd /www/logs <Enter>

下記のコマンドで、対象のディレクトリ内のデータを確認します。
# ls -la <Enter>
total 56
drwxr-xr-x 3 root root       4096 Jan 26 22:23 .
drwxr-xr-x 7 root root       4096 Jan 26 22:21 ..
-rw-r--r-- 1 root root       5295 Jan 26 09:28 access_log
-rw-r--r-- 1 root root        120 Jan 20 01:47 access_log.1
-rw-r--r-- 1 root root        237 Dec 24 00:28 access_log.2
-rw-r--r-- 1 root root        527 Dec  6 01:49 access_log.3
-rw-r--r-- 1 root root        464 Dec  2 00:43 access_log.4
-rw-r--r-- 1 root root        295 Jan 26 09:28 error_log
-rw-r--r-- 1 root root        266 Jan 24 01:55 error_log.1
-rw-r--r-- 1 root root        266 Jan 17 01:55 error_log.2
-rw-r--r-- 1 root root        266 Jan 10 01:55 error_log.3
-rw-r--r-- 1 root root        266 Jan  3 01:55 error_log.4

下記のコマンドで、今いるディレクトリの容量を確認します。
# du -sh ./ <Enter>
220K ./

下記のコマンドで、今いるディレクトリ内の各データの容量を確認します。
# du -sh ./* <Enter>
28K     ./access_log
4.0K    ./access_log.1
4.0K    ./access_log.2
4.0K    ./access_log.3
4.0K    ./access_log.4
4.0K    ./error_log
4.0K    ./error_log.1
4.0K    ./error_log.2
4.0K    ./error_log.3
4.0K    ./error_log.4
144K    ./gonyogonyo
0       ./suexec.log
4.0K    ./suexec.log.1
4.0K    ./suexec.log.2

下記のコマンドで、該当データを削除します。
# rm access_log <Enter>
rm: remove regular file `access_log'? Y <Enter>

「access_log」ファイルを削除した場合は、Apacheの再起動を行う必要があります。
再起動を行わないと、その後のログファイルが生成されませんのでご注意ください。
# restart_apache <Enter>
Syntax OK


 

ディスク容量の確認とデータの削除/FTPでの作業

※FTPで削除可能なデータは限られています。FTPで削除できないデータは、コントロールパネルかコマンドにて作業を行ってください。
FTPで削除できるデータの確認はこちら

FTP接続の基本設定についてはこちら

サーバー管理者ユーザーでFTP接続し、対象のディレクトリまで移動します。
※ディレクトリの移動方法は、ご利用のFTPソフトによって異なりますので、お客さま自身でご確認ください。

以下は「FileZilla」で「/home/ユーザーID/Mail/Junk(迷惑メール)」を削除する例です。

該当のデータを選択し、右クリックのメニューから[削除]をします。



ページの先頭へ戻る