サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

02) POP over SSL

POP over SSL

POP over SSLはメール受信時のメールサーバーとユーザー間を暗号化して通信する機能です。

VPSシリーズサーバーではPOP over SSLで使用する995番ポートを開放していますので、メールソフトの設定を変更することで、暗号化したメール受信を行うことが可能です。

設定変更(Beckyの場合)

メールボックスの設定画面から変更します。





SSL証明書を利用

メールサーバーのホスト名に対してSSL証明書を有効にする場合は、インストール済のSSL証明書をメールサーバーにリンクさせます。

以下のコマンドは、「/usr/local/cert/2014/」ディレクトリに「ドメイン名.pem」という証明書情報が設置されている場合のリンク設定用コマンドになります。
ご利用サーバーのSSL証明書設置場所をご確認の上、実行してください。
# ln /usr/local/cert/2014/ドメイン名.pem /usr/local/certs/ipop3d.pem
SSL証明書を利用する場合、SSL証明書がインストール済であることが前提となります。

ページの先頭へ戻る