サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

01) sendmail

sendmail

VPSシリーズのメールサーバーはsendmail8.13.1で構成されています。

アカウントごとに独立したsendmailの設計となっていますので、お客さま独自の設定でメールサーバーをカスタマイズできます。

各種設定ファイル

sendmailの設定ファイルは"/etc/mail"ディレクトリーに保存されています。

aliases(メール転送)

メールエイリアスはサーバー内の別ユーザーID、または別のメールアドレスにメール配送を転送する設定が行えます。

aliasesファイルでは、転送先をカンマで区切って複数アドレスを指定可能です。
"aliases"を変更した場合は以下コマンドで設定をサーバーに反映します。
[root@linux mail]# newaliases

/etc/aliases: 79 aliases, longest 10 bytes, 814 bytes total

virtusertable(アドレスマッピング)

マルチドメインでsendmailを運用する場合、同一のアカウントがなければ問題は発生しませんが、アカウントが同一であった場合、それぞれをvirtusertableでマッピングする必要があります。
異なるドメイン名のアドレスが同一アカウントに配信
info@example1.net --> info
info@example2.com --> info
異なるドメイン名のアドレスは別アカウントにマッピング
info@example1.net --> info1
info@example2.com --> info2
"virtusertable"を変更した場合は以下コマンドで設定をサーバーに反映します。
[root@linux mail]# makemap hash /etc/mail/virtusertable < /etc/mail/virtusertable

ページの先頭へ戻る