サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

06) FTPS(FTP over SSL)

FTPS(FTP over SSL)

VPSシリーズではFTPSに対応しております。
ご利用にはFTPS接続対応のFTPソフトが必要です。
本マニュアルページでは、NextFTP を例にご案内させていただきます。
FTPSを利用する為には、ProFTPDの設定ファイルを編集する必要があります。
また、利用ドメイン名で、独自認証SSLを取得していない場合、取得している場合で、
記述内容が異なりますので、ご注意下さい。

proftpd.confの編集

修正するファイル:/etc/proftpd.conf

独自認証SSLを取得していない場合

独自認証SSLを取得していない場合は、弊社サーバーの共用SSL証明書を用いてFTPS接続を行います。
ファイル最下部に、以下の行を追加して下さい。
<IfModule mod_tls.c>
  TLSEngine                     On
  TLSRSACertificateFile         /usr/local/wcert/server.crt
  TLSRSACertificateKeyFile      /usr/local/wcert/server.key
</IfModule>

独自認証SSLを取得済みの場合

独自認証SSLを取得している場合の記述は以下のようになります。
※下記記述は、証明書情報を「/usr/local/cert/年度/ドメイン名/」以下に設置している場合になります。
<IfModule mod_tls.c>
  TLSEngine                     On
  TLSRSACertificateFile         /usr/local/cert/年度/ドメイン名/ssl.cert
  TLSRSACertificateKeyFile      /usr/local/cert/年度/ドメイン名/ssl.pk
</IfModule>
上記記述変更後、サーバーやデーモンの再起動は不要です。

FTPソフトの設定(NextFTPの場合)

ホストの設定画面を開き、SSL暗号化を以下のようにセットします。


FTPSを使用することでデータ通信は暗号化されてセキュリティは高度になりますが、サーバー間の応答速度は低下します。

ページの先頭へ戻る