サービスご利用中のお客さま

VPSならラピッドサイト。VPS(仮想専用サーバー)販売15年の実績!

04) PostgreSQL

ご利用プランでは、既にPostgreSQLは、インストール済です。
しかし、起動設定が行われていない場合がございます。
PostgreSQLをご利用になる場合、以下の手順で起動設定を行って下さい。

PostgreSQLの起動確認

PostgreSQLが起動しているかどうかは、SSH接続のコマンド操作で確認が可能です。
SSH接続の上、以下コマンドで、PostgreSQLの起動状態を確認して下さい。
# /etc/init.d/postgresql status <Enter>

PostgreSQLが起動状態の時、上記コマンドの実行結果は、以下のようになります。
# /etc/init.d/postgresql status
postmaster (pid 969) is running...

PostgreSQLが起動していない場合

PostgreSQLが起動していない場合は、以下のような表示が行われます。
# /etc/init.d/postgresql status
postmaster is stopped
上記のように起動していない場合、コマンド操作で起動させる事が可能です。
また、その際、サーバー再起動時に自動時刻されるコマンド設定も行って下さい。
サーバー再起動時、自動実行設定
# /sbin/chkconfig postgresql on

PostgreSQL起動コマンド
# /etc/init.d/postgresql start
上記コマンドの実行例は以下になります。
# /sbin/chkconfig postgresql on (実行しても何も表示されません)
# /etc/init.d/postgresql start
Starting postgresql service: [ OK ]

サーバー再起動時の自動実行設定が正しく完了しているかは、以下のコマンドで 確認可能です。
# /sbin/chkconfig --list | grep postgresql
postgresql 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

引数一覧

start起動
stop停止
statusステータス確認
restart再起動
condrestart起動確認後に再起動

実行例

# /etc/init.d/postgresql stop
Stopping postgresql service: [ OK ]

# /etc/init.d/postgresql start
Starting postgresql service: [ OK ]

# /etc/init.d/postgresql status
postmaster (pid 29939 29938 29933) is running...

# /etc/init.d/postgresql condrestart
Stopping postgresql service: [ OK ]
Starting postgresql service: [ OK ]

 

データベース操作

ユーザー追加

# su postgres
$ createuser -W
Enter name of user to add: PGUSER
Shall the new user be allowed to create databases? (y/n) n
Shall the new user be allowed to create more new users? (y/n) n
Password: ********
CREATE USER

ユーザー削除

$ dropuser PGUSER
DROP USER

データベース作成

$ createdb PGDATA
CREATE DATABASE

データベース削除

$ dropdb PGDATA
DROP DATABASE

データベースバックアップ

$ pg_dump -Fc -b PGDATA > pgdata.dump

データベース復元

$ pg_restore -d PGDATA pgdata.dump

phpPgAdmin について

phpPgAdminは、PostgreSQLデータベースサーバーを、webブラウザ上から管理する事ができるデータベースツールです。
ご利用を希望する場合は、以下のマニュアルページをご参照下さい。 phpPgAdminをインストールする事で、コマンドを使用せずWEBインターフェイスからPostgreSQLの操作が可能となります。


ページの先頭へ戻る